芸能

綾瀬はるか「過去最大肌見せ」上胸が!/2019“艶”大賞(終)“突発事態”部門

 練りに練られた艶っぽいなシナリオには感謝したい。だが、男たちは不意に訪れる「偶然の突発事態」にも反応してしまう生き物でもある。

 11月20日に開催された「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019」に、綾瀬はるか(34)が登場した。その瞬間、会場からはどよめきが湧き起こる。というのも、芸能評論家の織田祐二氏によると、こんもりと丘陵状に上胸が盛り上がっていたのだそうだ。まさに主演ドラマのタイトルよろしく、「取り扱い注意」モノだとか。

 長らく自慢のFカップは封印の方向にあったが、ここにきて解禁ラッシュだと言う織田氏によれば、ずっと出演している家電メーカーのCMも、今年に入ってから肌見せ度が急上昇しているといい、「着ている服の素材はどんどん薄くなり、バストの大きさや揺れが強調されています」とのことだ。

 一方、8月29日、東京ドームで行われた巨人-広島戦に、チアガールとして参入したのが日本テレビ・尾崎里紗アナ(27)だった。

「ミニのコスチュームで脚上げもばっちり披露」していたと話す女子アナ評論家の丸山大次郎氏によれば、かがんだ時には胸のチラっと見えもしっかり拝めたという。「はつらつとした感じで、かわいらしさをアピールできました」(丸山氏)

 ただし、直後の11月に結婚してしまったのは残念至極。片や、フジの新人・藤本万梨乃アナ(24)は、7月27日の「THE ODAIBA 2019」のオープニングセレモニーで強烈な洗礼を浴びた。

「東大卒の才媛にものすごい量の放水を浴びせ、スカートが透けるほどズブ濡れになりました。久々にフジらしい悪ふざけを見た思いがします」(丸山氏)

 さらに細かくズームインすると、放水はピンポイントで藤本の股の間を目がけていると織田氏は証言。「ズブ濡れ以上に、別の刺激が強かったかも」と言う。

 テレ朝が誇る爆バスト・三谷紬アナ(25)は、平成最後の日である4月30日にニューハーフパブを直撃。

丸山氏によれば、そこでは、ニューハーフが淡々と「あんた、デカいわね」と言って彼女の爆胸をモミモミ。「他にもAbemaTVの番組では、けっこう際どいことを言わされたりしています」という丸山氏によれば、三谷アナは女子アナ史上、杉浦友紀や加藤シルビアを超える爆胸の持ち主で、今後もハラスメント的な演出にお目にかかれそうだという。「ただ、できれば地上波でやってほしいですが」(丸山氏)

「その瞬間」を待ち続けよう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?