芸能

クロちゃんよりヤバい?「ダブルベッド」で井口綾子が芸人に揉まれまくり!

 現在、「テラスハウス」制作チームが手がけるバラエティ番組「ダブルベッド」(TBS系)が、バラエティファンから注目を集めている。同番組は、初対面の男女が7日間同棲する内容だという。

「この番組は、恋人ではない2人が共同生活を送り、同じベッドで眠るまでのやり取りを淡々と流す番組です。12月からは、グラドルの井口綾子と、お笑い芸人のバッドナイス常田による同棲がスタート。しかし同棲3日目を描いた19日の放送では、常田が『バイクの後ろに女性を乗せて砂利道を走れば、(振動で)相手はすごい気持ちよくなる』という持論を展開したことがキッカケで、井口が彼を拒絶する展開となりました。この回の常田の言動には、視聴者の間で賛否の声が飛び交っています」(テレビ誌記者)

 そんな井口といえば、“モッツァレラボディ”と評される魅惑ボディの持ち主で、世の男性をトリコにしている。そのため常田は、彼女に距離を置かれてもなお果敢に攻め続け、ついに暴走行為に発展したという。

「常田は、井口とふたたび距離を縮めるために恋愛本で猛勉強。そこには『二の腕を触るのがいい』と書かれていたことで、その日の夜、唐突に彼女の二の腕を揉みまくるという行動に出ました。さらに2人で寝ている時も、自分の腕を井口の頭の下に滑り込ませ、そのままギンギンになっているであろう“マグナム”を押し付けるかのごとく、後ろから羽交締めに。これには井口も『なんでぇ! ちょっと! 急すぎる!』と驚いたものの、笑顔となり、まんざらではない様子を見せました。しかし一部視聴者の間では、『常田、マジ無理なんやけど!』『めちゃキモい。クロちゃんの方がマシ!』『綾子ちゃんが心配だ』と辛辣な意見が飛んでいます」(前出・テレビ誌記者)

 だが、一方で、バラエティファンからは「オシャレなだけの番組かと思ったけどおもしろなってきた」「今後もクロちゃんや、あばれる君みたいなのを住ませてほしい! そうすれば人気番組になる」と注目する声もあがっている。今後も、常田の“お触り行為”には注目が集まりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
4
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
5
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?