スポーツ

芸能界は虎視眈々!本田真凜、あふれ出し始めた“オンナの艶”に大絶賛

 フィギュアスケート全日本選手権の女子は、12月21日のフリーで、国際スケート連盟非公式ながら自己ベストとなる155.22点を叩き出し、SPとの合計で2位に22.59点差をつけた紀平梨花の圧巻の優勝で幕を閉じた。そんな中、実は一方で、ネット民の間で〈ますます綺麗になった!〉と話題になっていたのが、合計181.34点の8位に終わった、本田真凜だ。

「SPは6位で、本人としても会心の演技だったようですが、フリーでは冒頭の3回転ルッツで失敗。それを引きずってか、その後のジャンプでも回転不足が続いてしまいました」(スポーツ紙記者)

 しかし、そんな彼女にはSPの演技の時から〈ずいぶんと可愛さに磨きがかかった〉〈艶っぽさがハンパない〉などといった意味の、美しさだけならダントツ1位と、絶賛の嵐が巻き起こっていたのだ。

「14歳で世界ジュニア選手権を制し、一躍脚光を浴びた彼女も、もう18歳。当時もその愛くるしさでメディアから引っ張りだこ状態でしたが、今や、目を見張る艶っぷりを醸し出す大人の女性に成長しています。昨シーズンは平昌五輪への出場を逃し、その悔しさから拠点を米国に移し、練習や精神鍛錬にまい進。その間、大会での結果は出ていませんが、そうした人生経験が、女性としての磨きをかけているのでしょう」(夕刊紙記者)

 しかし一方で、こんな辛口の意見も聞こえてくる。

「今回の全日本選手権では復調の兆しが見えたとも言えますが、終了後、『得たものはたくさんありました』としていたものの、同じくフィギュアスケートに励む妹の紗来が環境面で苦しんでいるという話を持ち出し、『スケートって楽しいんだよっていうことを伝えたかった』などとコメントしており、自分と向き合う面で1つ下の紀平に比べるとまだ甘い面がある。練習面でも、それが天才肌とも言われる所以なのか、コーチをてこずらせるほど反復練習が苦手だという。来春からは米国の拠点はそのままに、明治大学へ進学しスケートと学業を両立させるようですが、はたしてうまくいくのかどうか。芸能関係者は、彼女のスケートの潮どきとタレントデビューを虎視眈々と狙っていますよ」(芸能記者)

 彼女のスケートを続ける姿も芸能界での活躍も、両方見てみたい!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
2
芸能界イチの小顔・乃木坂46齋藤飛鳥の告白でプロ意識を称賛する声が殺到
3
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
4
コンビ降板がかかった「バス旅Z」が成功!「運命を分けたポイント」は!?
5
美女アナ「空前の世代交代」戦略をスッパ抜く(1)TBS・江藤愛のポストに座るのは?