スポーツ

芸能界は虎視眈々!本田真凜、あふれ出し始めた“オンナの艶”に大絶賛

 フィギュアスケート全日本選手権の女子は、12月21日のフリーで、国際スケート連盟非公式ながら自己ベストとなる155.22点を叩き出し、SPとの合計で2位に22.59点差をつけた紀平梨花の圧巻の優勝で幕を閉じた。そんな中、実は一方で、ネット民の間で〈ますます綺麗になった!〉と話題になっていたのが、合計181.34点の8位に終わった、本田真凜だ。

「SPは6位で、本人としても会心の演技だったようですが、フリーでは冒頭の3回転ルッツで失敗。それを引きずってか、その後のジャンプでも回転不足が続いてしまいました」(スポーツ紙記者)

 しかし、そんな彼女にはSPの演技の時から〈ずいぶんと可愛さに磨きがかかった〉〈艶っぽさがハンパない〉などといった意味の、美しさだけならダントツ1位と、絶賛の嵐が巻き起こっていたのだ。

「14歳で世界ジュニア選手権を制し、一躍脚光を浴びた彼女も、もう18歳。当時もその愛くるしさでメディアから引っ張りだこ状態でしたが、今や、目を見張る艶っぷりを醸し出す大人の女性に成長しています。昨シーズンは平昌五輪への出場を逃し、その悔しさから拠点を米国に移し、練習や精神鍛錬にまい進。その間、大会での結果は出ていませんが、そうした人生経験が、女性としての磨きをかけているのでしょう」(夕刊紙記者)

 しかし一方で、こんな辛口の意見も聞こえてくる。

「今回の全日本選手権では復調の兆しが見えたとも言えますが、終了後、『得たものはたくさんありました』としていたものの、同じくフィギュアスケートに励む妹の紗来が環境面で苦しんでいるという話を持ち出し、『スケートって楽しいんだよっていうことを伝えたかった』などとコメントしており、自分と向き合う面で1つ下の紀平に比べるとまだ甘い面がある。練習面でも、それが天才肌とも言われる所以なのか、コーチをてこずらせるほど反復練習が苦手だという。来春からは米国の拠点はそのままに、明治大学へ進学しスケートと学業を両立させるようですが、はたしてうまくいくのかどうか。芸能関係者は、彼女のスケートの潮どきとタレントデビューを虎視眈々と狙っていますよ」(芸能記者)

 彼女のスケートを続ける姿も芸能界での活躍も、両方見てみたい!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
辻希美、「息子とSLを見にお出かけ」報告にまさかの「撮り鉄以下」批判!?
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!