芸能

相武紗季に続き石原さとみも?高畑充希に「共演NG」騒動が多発するワケ

 1月3日の「東スポWeb」が、石原さとみと高畑充希の共演NG疑惑に関する記事を掲載した。石原は、同じ事務所の後輩にあたる高畑をライバル視しているという。

「昨今、高畑はドラマ『過保護のカホコ』や『同期のサクラ』(いずれも日本テレビ系)などをヒットさせる一方で、石原のドラマは視聴率の低迷が続いています。そんな状況からか、記事によると現在、深田恭子、綾瀬はるか、石原だった事務所のトップ3に高畑が入り込み、石原は4番手になってしまったというのです。そのため、石原は高畑にライバル心を燃やしている可能性があるほか、後輩なのに挨拶しない、態度が大きいといったことも気にしており、共演NGの噂が流れているのだとか」(芸能記者)

 そんな高畑といえば、昨年11月も「同期のサクラ」で共演した相武紗季との共演NG疑惑が「週刊文春」に報じられた。記事では、相武が現場に差し入れしたコスメを高畑が「自分の愛用するものと違うから」と受け取らなかったことで、不穏な空気が現場に流れているとスタッフが証言している。

 だが、これらの不仲疑惑は、周囲の誤解から生まれた可能性があるという。

「文春記事の数日後、高畑は自身のインスタグラムで、相武と笑顔で殴り合うポーズのペアショットを投稿。そして《ネットニュースと週刊誌によると 私と相武さんは現場でバチバチらしいので 再現してみた。笑》と綴り、不仲疑惑を完全否定しています。また今回、東スポが関係者を取材したところ、高畑は人に興味がなく我が道を行くタイプなのだとか。もちろん石原などの共演者を軽んずる気持ちなどいっさいなく、挨拶に関しても、視力が低いことが原因で、相手に気がつかないことが多々あるそうです。そのため、高畑は周りから誤解を受けやすいのかもしれません」(前出・芸能記者)

 今や押しも押されもせぬ人気女優の石原と高畑。いつか2人の共演も見てみたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫