芸能

「ドクターX」新作も?天海祐希「トップナイフ」筆頭で“医療ドラマ戦争”勃発!

 新年スタートのドラマのラインナップをざっと見る限り、医療系のドラマがいつにも増して多いことがわかる。その“原因”は、昨年末で第6シリーズが終了した「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)だという。

「これまで医療系ドラマで他の追随を許さなかった『ドクターX』ですが、6作目の平均視聴率は18.5%。立派な数字ではありますが、歴代では最低でした。当初、主演の米倉涼子が役の色が付き過ぎることを嫌がっていたとも言われ、これまで脇を固めてきた西田敏行や岸部一徳らも高齢化でパワーが落ちていた。そうした6作目のスタートにもたつく状況を他局がキャッチし、“打倒ドクターX”とばかりに新たな医療系ドラマを練り上げ、今回のクールに至っているわけです」(ドラマ制作会社社員)

 中でも力が入っているのが、6年連続で年間視聴率三冠王を獲得している日本テレビだ。1月11日にスタートする「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」では、主演に天海祐希を起用。同タイトルの小説が原作ではあるものの、主人公は“手術はすべて成功して当たり前”というキャラで、「ドクターX」で米倉演じる大門未知子の「私、失敗しないので」に、敵対心ムキ出しだ。

 フジテレビは「アライブ がん専門医のカルテ」で対抗する。松下奈緒と木村佳乃演じる女医2人が、がんに立ち向かうメディカル・ヒューマンドラマ。初回視聴率は8.4%で、まずまずの滑り出しを見せている。

 TBSは「病室で念仏を唱えないでください」で、僧侶が救命救急医という異色もの。主演を伊藤英明が演じ、1月17日放送の最後発で放送がスタート。

「こうした動きにテレビ朝日も危機感を持ったのでしょう。早くも今年10月期での放送をメドに、『ドクターX』の第7シリーズの準備を進めているという情報もある。この医療モノのドラマ戦争、かなり見ものですよ」(テレビ誌編集者)

 はたして、勝者はどの局か…。

(津田昌平)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
掛布雅之「阪神・大山を大絶賛」の裏で…「Aクラスはないよ」断言していた!