芸能

「ドクターX」新作も?天海祐希「トップナイフ」筆頭で“医療ドラマ戦争”勃発!

 新年スタートのドラマのラインナップをざっと見る限り、医療系のドラマがいつにも増して多いことがわかる。その“原因”は、昨年末で第6シリーズが終了した「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)だという。

「これまで医療系ドラマで他の追随を許さなかった『ドクターX』ですが、6作目の平均視聴率は18.5%。立派な数字ではありますが、歴代では最低でした。当初、主演の米倉涼子が役の色が付き過ぎることを嫌がっていたとも言われ、これまで脇を固めてきた西田敏行や岸部一徳らも高齢化でパワーが落ちていた。そうした6作目のスタートにもたつく状況を他局がキャッチし、“打倒ドクターX”とばかりに新たな医療系ドラマを練り上げ、今回のクールに至っているわけです」(ドラマ制作会社社員)

 中でも力が入っているのが、6年連続で年間視聴率三冠王を獲得している日本テレビだ。1月11日にスタートする「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」では、主演に天海祐希を起用。同タイトルの小説が原作ではあるものの、主人公は“手術はすべて成功して当たり前”というキャラで、「ドクターX」で米倉演じる大門未知子の「私、失敗しないので」に、敵対心ムキ出しだ。

 フジテレビは「アライブ がん専門医のカルテ」で対抗する。松下奈緒と木村佳乃演じる女医2人が、がんに立ち向かうメディカル・ヒューマンドラマ。初回視聴率は8.4%で、まずまずの滑り出しを見せている。

 TBSは「病室で念仏を唱えないでください」で、僧侶が救命救急医という異色もの。主演を伊藤英明が演じ、1月17日放送の最後発で放送がスタート。

「こうした動きにテレビ朝日も危機感を持ったのでしょう。早くも今年10月期での放送をメドに、『ドクターX』の第7シリーズの準備を進めているという情報もある。この医療モノのドラマ戦争、かなり見ものですよ」(テレビ誌編集者)

 はたして、勝者はどの局か…。

(津田昌平)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
2
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
3
女子アナ「仁義なき契約更改」(1)NHK・桑子真帆は「NHKの顔」に返り咲き
4
太川陽介は「バス旅Z」を観ていない!?衝撃発言の理由
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)