芸能

ハロプロ公演「新ルール」の裏にあった古参ファンVS新規ファン“深刻対立”

 1月2日、「ハロプロの聖地」中野サンプラザで、ハロー!プロジェクトの全グループが集結するコンサートツアー「Hello! Project 2020 Winter HELLO! PROJECT IS [     ]」が開幕した。

 昨年末の「第61回輝く!日本レコード大賞」で最優秀新人賞を獲得したBEYOOOOONDSをはじめとする計6グループとデビュー前のハロプロ研修生を含む総勢57名が出演。新春一発目のコンサートを豪華に彩った。

“ハロコン”恒例である全グループ混合で構成されるシャッフルユニットではBerryz工房や℃-uteなど解散した先輩グループの懐かしい曲が披露されるなど、往年のハロプロファンたちからはイントロがかかるたびに「オォー!!」と歓喜のどよめきを上がっていた。

 そんな盛り上がりの最中、今回のコンサートから適用されたある“新ルール”に一部のファンからは戸惑いの声が多く上がったようだ。

「ライブ中の“ジャンプ行為”が禁止になったんです。過去に推しているメンバーの歌唱時に周囲の迷惑を顧みずにジャンプを繰り返す“マサイ”と呼ばれる一部のファンの暴走行為に多くのクレームが入ったために採用された新ルールです。ただ、曲によっては要所要所でアイドルとファンが飛び跳ねる曲があるだけに、“ジャンプ行為”を一括りに禁止する事務所の方針に『オタ全員、地蔵(棒立ちでステージを静観するスタイル)になれっていうのか?』と憤りの声を上げる輩もいました」(スポーツ紙記者)

 実際に、当コンサートでは、歌詞に〈高く Jump×3〉と入る「サンバ!こぶしジャネイロ」(こぶしファクトリー)やバネのように飛び跳ねる振り付けが特徴の「Go Waist」(BEYOOOOONDS)など、これまでのコンサートでファンが当たり前に“ジャンプ行為”を行ってきた曲が公演プログラムに組み込まれていた。そのため、思わず癖で跳んでしまっただろうファンがチラホラ。そんなジャンプを煽るようなセットリストを組んだ事務所に対してSNS上では、〈なんでジャンプ禁止って条例出したのにジャンプ曲を入れる~の~〉とファンの恨み節がポロリ。

 公演中は、巡回するスタッフが、ファンの足が地面から離れていないか終始チェックしていた。退場する者こそ見受けられなかったが、中には複数回に渡って注意を受けるファンの姿も目撃された。なぜ、ここまで厳格なルールを課さなくてはならなかったのか。そこには、ハロプロにおけるファン層の変化が関係していると前出のスポーツ紙記者が解説する。

「アイドルライブのノリを楽しめない新規ファンが増加しています。新規のファンの中には、七色に光ペンライトを振りながら静かにライブを楽しみたい派が多く、“コール(曲の間に名前などを叫ぶ掛け声)”をしようものなら『うるさいから静かにしてください』とファン同士でギクシャクするシーンも…」

 ファンクラブ在籍者の数字が公表されていないので、具体的な統計は確認できないが、90年代後半から2000年代前半にかけての全盛期ほどではないにしても、ハロプロ人気は復活基調。ファンが増えることは喜ばしいことだが、一部の古参ファンからはホンネがポロリ。

「古くからのファンが築いてきたノリやオタ文化が廃れるのは少々複雑、といった意見が聞かれました」(前出・スポーツ紙記者)

 とはいえ、ライブの楽しみ方は十人十色。令和の時代に入りハロプロファンの楽しみ方もアップデートされていくべきなのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方