芸能

次のバス旅コンビ候補に急浮上!中山秀征が過酷旅で“追い込み”かけられたッ

 12年にわたってお茶の間を楽しませてきた太川陽介と蛭子能収の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)が昨年12月25日に終了した。2人は2度目の引退で、今度こそ本当に最後となるようだ。

 今やバス旅ファンの興味は「次は誰がコンビを組むのか」に移っている。田中要次と羽田圭介のコンビは評判もいまひとつで、続投を望む声が少ない。彼らは次の旅を失敗すればクビになることが決まっているため、興味は“その次”に移っているというわけだ。

 そこで番組ファンや業界関係者の間で急浮上しているのが、バス旅が始まった「土曜スペシャル」(テレ東系)で、「秘境路線バス乗客ふれあい旅」のメインを務める中山秀征だ。

「田中と羽田のコンビが不評である理由が、乗客とのふれあいが少ないことです。2人はトークをうまく転がしていけるタイプではないので、仕方がないところではあります。その点、中山なら一般人いじりもお手の物。『秘境路線バス乗客ふれあい旅』では、一般人との心温まる交流をみせています。同じバス旅ですし、本家を受け持ってもおかしくありません」(テレビ誌ライター)

 さらに「秘境路線バス乗客ふれあい旅」のルールがどんどん厳しくなり、つらい旅になっていることも、中山が次のバス旅コンビ候補である理由との指摘もある。

 よく知られているように、本家バス旅はバスがないところは歩かないといけないルールで、時には山の中の上り坂を10キロ近く歩くこともある。蛭子能収はそれに音を上げて引退を決意した。そこで番組スタッフが中山を鍛え上げるため、秘境路線バス乗客ふれあい旅のルールを厳しくしているというのだ。

 秘境路線バス乗客ふれあい旅は1月11日に放送される最新回で5回目。ルールは毎回少しずつ変化している。基本は秘境路線バスに乗って、途中下車しながら目的地を目指すというルール。第1回は「バスの乗客全員とふれあって、旅情報をゲットし、その中から途中下車する場所を決める」というものだった。ところが第3回で「バスの乗客にどこで降りるか聞いたら、必ずそこで降りないといけない」という厳しいルールになっている。

 そして第5弾では「バスの乗客と一緒にバスに乗って、一緒に降りる」というルールで、乗車にも制限が加わった。乗車する人がいなかったら、バスが来ても見送るしかなく、ひたすら乗客が現れるのを待つしかない。秘境路線だけに乗客はとても少なく、乗客ゼロということもザラ。かなり厳しいルールであるのは間違いない。番組HPでも「番組史上最もシンプルかつ厳しいルール」と紹介している。

「これに比べればバス旅のルールはやさしく感じられるのではないでょうか。体力的にはきついかもしれませんが、精神的にはだいぶ楽なはずです。こうして中山を鍛えておいて、本家バス旅に異動させるのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 秘境路線バス乗客ふれあい旅はバス旅の試金石となるのか。1月11日の放送に注目だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった