芸能

TOKIO・城島茂、夫人の「妊婦腹見せ」投稿が炎上回避のナルホドな理由

 TOKIO・城島茂の妻でグラドルの菊池梨沙が2月4日に更新したツイッターが話題を呼んでいる。菊池が投稿したのは、パンパンに膨らんだお腹をしんどそうに突き出している妊婦写真。3月出産予定の彼女の自撮り写真に「ラストスパート!」とタイトルをつけ、「腰と膀胱が限界の域に…」とリアル過ぎる現在の状況を書きこんだ。これにさっそくメッセージが書き込まれた。

「うわぁ、だいぶ大きくなりましたね。これからしんどいかもしれないけど頑張って!!」「大きくなりましたね。いよいよ来月ですもんね。自分の事のように楽しみです」「わかるぅー。もうあと少しで可愛い赤ちゃんに会えるから頑張って」などの激励コメントが並んだ。

 ジャニーズウオッチャーが目を丸くする。

「最年長アイドルがついに結婚。もっともお相手は24歳も年下で、まるで娘のような年齢で、義母は年下、おまけにデキ婚という型破りなゴールインですからね。一昔前のジャニーズなら、ファンの夢を壊すとして、結婚はご法度だったのが、木村拓哉が、工藤静香と結婚、世間をあっと言わせたのが2000年。その後木村佳乃や瀬戸朝香らが続きました。3人ともに2人の子どもに恵まれましたが、“腹ボテ姿”をさらしたりはしませんでした。今はSNS全盛の時代で、誰でもいつどこでも発信ができるとはいえ、今どきの娘らしいというか、何とも隔世の感がありますね」

 もっと驚かされたことがある。菊池の投稿にアンチなコメントがまるで見当たらないことだ。芸能ライターが首をかしげて言う。

「人気タレントだけに熱狂的なファンも少なくない。可愛さ余って憎さ百倍とばかりに辛辣なコメントを残す輩がいておかしくないのに、まるでいない。削除されたという可能性もなくはありませんが、圧倒的にあったかいメッセージばかり。我がことのように喜んだり、先輩妊婦がアドバイスしたりとほのぼのとした雰囲気に包まれている。菊池のインスタグラムも平穏そのもので、炎上とは無縁です。城島がノロケまくりの結婚発表会見を行った後も、菊池のツイッターにコメントが殺到しましたが、祝福ムード一色だった」(前出・芸能ライター)

 まさに、「おっさんアイドル」城島の“人徳のなせる技”なのだろう。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?