芸能

門脇麦「体当たり情欲艶技」大全!(1)東出昌大「不貞醜聞の後処理」に邁進

 久々に戦国時代へと舞台を戻し、視聴率が好調なNHK大河ドラマ「麒麟がくる」。川口春奈とともにヒロインを演じる若き演技派・門脇麦の好演も、大きな話題を呼んでいる。その才能は、過去作の情欲シーンでも存分に発揮されていた。素朴なイメージをぶち壊す、ハードなベッドシーンの全てを一挙紹介!

     *

「今年、若手女優の中で特に注目されているのは、門脇麦(27)です。映画や舞台での演技が認められ、演技派の『カメレオン女優』として徐々に存在感を増していたのは事実ですが、現在出演中のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』のヒロイン役で、急激に注目度が上がっているのです」(テレビ関係者)

 門脇の大河ドラマ出演は、「八重の桜」(13年)以来2回目。「麒麟がくる」では、医師の望月東庵(堺正章)に拾われ育てられた戦災孤児という、架空のオリジナルキャラクター・駒役に抜擢された。戦で混乱する世の中でも強くけなげに、そして明るく生き抜いていくヒロインとして、主人公・明智光秀(長谷川博己)と出会い、放送第1回から重要な役どころとして登場している。

 昨年11月、沢尻エリカ(33)が法律違反の取締法違反の容疑で緊急逮捕されたことで、「麒麟がくる」の大きな売りであった帰蝶/濃姫(斎藤道三の娘で、織田信長の妻)役が、川口春奈(25)に急きょ変更されたことはご存じのとおり。

 昨年6月から撮りためた10話分の沢尻出演シーン再撮のプレッシャーに加え、川口が時代劇、ましてや大河ドラマも初チャレンジということもあるためか、ここにきて門脇のWヒロインとしての比重がかなり大きくなっているのだ。

 さらに門脇は、ある理由から今後、芸能界で注目される機会が増えていきそうなのだ。テレビ関係者は、次のように語った。

「門脇は演技派俳優が多く所属する芸能事務所に所属していますが、この事務所の看板俳優のひとりが東出昌大(32)。彼は若手女優の唐田えりか(22)との約3年にわたる不貞問題で連日、ワイドショーやネットで大バッシングを受けています。事務所としては、この窮地を乗り切るために新たなる稼ぎ頭、よりいっそう売り込みに力を入れる人材が必要となりました。そこで白羽の矢が立ったのが門脇なのです」

 図らずも、スキャンダルの「後処理」を背負わされた形となったが、今後彼女の存在感は、ますます大きくなるに違いない。

 ここで門脇の半生を駆け足で振り返ってみよう。92年にニューヨークで生まれた彼女は、5歳までアメリカで育ち、中学2年まではプロのバレリーナを目指して真剣に取り組んでいた。しかし、自身の才能に限界を感じ、バレリーナの夢を断念する。

 高校時代は「目標もなく、抜け殻だった」とインタビューで語っているが、あおい(34)や蒼井優(34)の出演映画を見て刺激を受けると同時にシンパシーを感じ、「私も映画に出たい!」と女優を目指し奮起することに。

 11年、学園ドラマ「美咲ナンバーワン!!」(日本テレビ系)でデビュー後はCMやドラマなどに地道に出演していたが、14年に公開された“成人向け”の映画「愛の渦」のヒロインが当たり役となった。門脇は初めて作品内で脱ぎ姿となり、文字体当たりで濡れ場を演じたことで一躍、注目されることになったのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?