芸能

大東駿介が明かした実家“極貧生活”の仰天と“救われたテレビ番組”の意外

 俳優の大東駿介が、2月29日放送の「おかべろ」(関西テレビ)に出演。中学生時代の極貧生活を明かし、当時、MCのナインティナイン岡村隆史が出演していた「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)に救われたことを告白した。

 大東は小学生の時に、両親が離婚して母に育てられたが、中学の時に母が蒸発し、中2くらいから一人暮らしとなってしまったという。家はクリーニング店を営んでいたため、レジにあったお金を使っていたが「だんだん減っていって、小銭だけになってきたから、10円の駄菓子を、1円玉を集めて買いに行く」という状態に。

 また当時、学校は弁当だったが、昼に何も食べていないことに気付いた担任の先生がコンビニで菓子パンを購入し、誰も見ていない廊下でパンを渡してくれたとか。「その時食べたスティックチョコパンとジャムマーガリンのコッペパンが、今でも大好きですね。昨日もスティックチョコパン食べました」と笑顔を見せた。

「そんな極貧生活で引きこもり状態になっていた頃、大東を救ってくれたのがMCの岡村が出演していたバラエティ番組『めちゃイケ』で、テレビっ子の大東は前身番組の『めちゃモテ』時代からずっと観続け、毎回録画していたそうです」(テレビウオッチャー)

 岡村は「引きこもりの人とかいじめにあってる人を、オレらを見てクスッと笑ってもらったらええな~と思っててんけど、逆にいじめを助長するって言われてやな」と世間の評価が厳しかったことを述懐。

 大東が「あれおかしな話ですよ、こうやって救われてる人間がいるんですから」とフォローすると、岡村は「そういうこといっぱい言うてよ~あちこちで。もう終わってるけどね、『めちゃイケ』はね」と話し、笑いを誘った。

「大東は中学時代の大変な生活ぶりを昨年冬のTBS系『A-Studio』でも話していましたが、今回はその時に出なかった話もありましたね。『A-Studio』ではMCの笑福亭鶴瓶が思わず『ようここまで来たな、抱きしめたろか』とコメントしていたのが印象的でした」(芸能ライター)

 番組最後に岡村とペアショット写真を撮影。興奮で顔を真っ赤にした大東が、その写真を見つめ「ほんまに嬉しいです」と喜んでいたが、本当によくここまで来たものだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声