芸能

ぜんじろうが“カジュアル差別”に痛快反撃!「中国?」と聞かれて返した答えとは

 お笑いタレントのぜんじろうが3月17日に自身のツイッターアカウントを更新し、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、ドバイ空港で受けた“カジュアル差別“を明かしている。

 ヨーロッパからの帰国に際し、乗り継ぎでアラブ首長国連邦のドバイ空港へ到着したことを報告していたぜんじろう。全身に防護服をまとう中国人の様子などを写真で報告すると、「ドバイでもカジュアル差別ありましたね 笑」と書き出し、「喫煙室で欧州系の観光客が、僕からライター借りるのに『中国?』て言いながらつまむ感じ。僕、またかと思って笑いながら『中国違うよ。君イタリア人よね?』と返すと、隣でタバコ吸ってた女性が怒って『That is not funny』。そない怒って言わんでも 笑」とヨーロッパ系の観光客とのやり取りを紹介した。

 中国の武漢が発生源とされる今回の新型コロナウイルスだけに、“アジア系“を一括りにして警戒する気持ちもわかるが、現在はイタリアやスペインでも深刻な感染被害が進んでおり、ぜんじろうのとっさの“カウンターパンチ“は欧州系観光客にとっては笑えないほどのダメージがあったのかもしれない。

「ぜんじろうは以前にも英国の宿泊施設を利用した際に経営者夫妻から中国人だと勘違いされ、『いろんなとこ触らないでね』という差別発言を受けたと漏らしていましたから、今回の件で我慢が限界だったのでしょう。余裕を見せながらヨーロッパ系の相手に『君イタリア人よね?』と即座に切り返す辺りはさすがの一言。リプライには『かわしが素敵!関西人ってうまいなぁ』『いやおもしろいです』『痛快!』との称賛が集まり、ネットでも『こういう返しがさっとできるのは良いな』『そのやり返しは正しい』『言われたなら言い返すのはいいと思った』とカジュアル差別への反撃に出たぜんじろうに対する好意的な反応が多いです。基本的に外国での差別被害には“やられっぱなし“なことが多い日本人ですから、ライターを借りておきながら失礼な質問をしてきた観光客にチクリと返すぜんじろうはタフなメンタルと頭の回転の速さが備わっていると言えますね」(テレビ誌ライター)

 ふだんは笑いをとってナンボのぜんじろうだが、今回はその絶妙な切り返しへの称賛を集めた度合いのほうが強かったようだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」