芸能

石原さとみ「胸開け」、田中みな実「抜ける写真教示」…ドラマ美女の最新奮闘!

 コロナ禍でTBSがドラマ撮影を一時ストップ。しかし、そんな状況下でも、各局のテレビドラマに出演する女優たちは暗い雰囲気を吹き飛ばすべく、体を張って鋭意奮闘中だと、「週刊アサヒ芸能」4月16日号が報じている。

 4月9日スタートのドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)で薬剤師を演じる石原さとみ(33)の撮影現場の盛り上げ方はまさしく、悩ましさが尋常ではない「激艶劇場」と言うべきものだとか。

「その瞬間」が訪れたのは、気温が急激に上がった3月半ばだった。ドラマスタッフが興奮気味にまくしたてる。

「石原は『暑いね~』と言いながら、ドラマのユニフォームとなっている襟のないシャツ『医療用スクラブ』の胸元をグイッと開けたんです。そして我々スタッフの目前で、手元のクリップボードでパタパタとあおぎ出した。目を丸くしたスタッフの視線が、彼女の胸元に一気に集中しました」

 発行部数60万超えの写真集「Sincerely yours…」刊行から4カ月。「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)への女優として出演する田中みな実(33)は、撮影現場でスタッフ数人と一緒に写真集を眺める「鑑賞会」を催している。

「スペインで撮影した際のエピソードを披露しながら1枚1枚めくっていくのですが、彼女自身が特にこれは艶っぽいと思う写真を何枚かピックアップしてくれる」(テレ朝関係者)

 あるスタッフなどは「本人みずから『抜きどころ』をレクチャーしてくれる」と、感謝感激の様子だったとか。

「写真集には『窓辺にもたれかかり、振り向きながらヒップを突き出す』という、とりわけ有名なカットがありますが、そのポーズを目の前で実践し、再現してくれる大盤振る舞い。『生きててよかった』と口にするスタッフまでいたと…」(放送担当記者)

 この他にも、篠原涼子(46)、吉瀬美智子(45)、栗山千明(35)の「撮影現場のナマ素顔」が、4月7日発売のアサヒ芸能4月16日号で詳報されている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」