スポーツ

美馬学よりすごい球!佐々木朗希、「絶好調で開幕」情勢も球団が“喜べないワケ”

 コロナ禍でプロ野球の開幕は不透明になっている。開幕日が決まっていないから調整方法も難しい中、ついには球界から感染者まで出てしまったから事態は深刻である。

 そんな中、千葉ロッテマリーンズでは「うれしい悲鳴」を上げそうな事態が起きていたという。

「マイペース調整を続けていた黄金ルーキー・佐々木朗希の育成に十分な時間ができて『開幕に間に合ってしまうかも』と困惑しているんです。実際、現時点ですでに、一度は開幕投手として発表された美馬学よりもすごい球を投げていると評判になっている」(球界関係者)

 本来ならばシーズン途中のデビューだったはずが前倒しになるのであれば、喜ばしいばかりではないのだろうか。

「いや、ロッテは入団条件として、佐々木の高校2年時より動作解析データを集め、誰よりも佐々木の体を知り尽くしているとされる筑波大教授の育成プランを受け入れているんです。結果、1年目は1、2軍併せて年間50イニングしか投げられない。仮に開幕から快投を続けても、ほどなく休養となってしまう可能性が…」(前出・球界関係者)

 球界は「悩ましい問題」ばかりを抱えているのである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】