社会

「潜伏期間中」帰国者がクラスターに!?「最新型コロナウイルス」の“狂暴殺傷力”

 全世界に燎原の火ごとくコロナ禍が燃え広がる中、かろうじて感染爆発に踏みとどまっていたはずの日本。しかしここにきて、感染者数は1日ごとに急増、しかも当初は重症化しないとされた若者でも重体・重篤に陥るケースが続発している。そしていよいよ「非常事態宣言」待ったなしの状況で、7ページで新型ウイルスについて特集しているのが、「週刊アサヒ芸能」だ。

 北海道や愛知県のクラスターによる新型ウイルスによる感染拡大が発覚したのが、2月下旬のこと。

 そして、いよいよ「第2波」が東京や大阪などに加え、患者数の少なかった福岡にも及んだが、その終息時期はいまだまったく予想すらできない状況だ。都庁詰め記者が語る。

「3月30日夜、緊急会見を開いた小池百合子都知事は、『換気の悪い密閉空間』、『多くの人の密集する場所』、『近距離での密接した会話』の“3つの密”が、重なることで感染リスクが高まると警告したうえで、夜間の飲食店への外出を自粛することを重ねて要請しました。これは、お彼岸の3連休の花見に加え、ネオン街で、感染しても無症状の若者たちが媒介となりコロナ感染を拡大させている事例が多発していることが判明したためでした。もはや、コロナウイルスは老若男女問わず感染を広げているのが実態なのです」

 事実、都の発表によれば、3月25日~4月1日までの感染者は416人。4月4日には都内で118人の感染者が報告され、5日には143人を数えている。

「ワイドショーなどでは事態がここまで深刻化する以前は『コロナで重症になるのは高齢者』と喧伝してきたが、これは完全なデマだったということです。しかも、こうした若者への感染は東京に限った話ではなく全国規模で広がっているのです」(前出・記者)

 なぜそこまで感染が広がったのか。実は、その要因としては、海外へ渡航していた日本人が、日本へ帰国したことによる影響が大きいというのだ。「人とモノ」の移動がグローバルになった世界では、国を問わず、同様の現象が報告されているという。テレビ局外信部記者が説明する。

「実は、帰国者がクラスター感染を引き起こしているのは日本だけではない。米・テキサスでは学生70人が春休みを利用し、航空機をチャーターしてメキシコへ渡航。帰国後に半数以上の44人の感染が確認されています。折しもトランプ政権のもと、10人以上の密集回避や不要不急の旅行などの自粛が促されていただけに学生の責任を問う社会問題になっています」

 4月7日発売のアサヒ芸能4月16日号では、こうした海外から帰国者がウイルスの潜伏期間中に拡散した可能性のある「より狂暴化したウイルス」の実態に迫っているほか、野球界を騒がせているウイルス騒動が競馬界に波及しているパニックの現場。さらには、行政による「コロナ隠し」の生々しい証言も入手。新聞・テレビが報じない戦慄の事態の全容を克明にレポートしている。

(写真はイメージ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!