芸能

杏と実母の“骨肉裁判”報道で飛び出した中田英寿への思わぬ“大トバッチリ”

 この4月から、立教大学経営学部の客員教授に就任した、元サッカー日本代表選手の中田英寿氏。3、4年生を対象に、新科目となる「伝統産業マーケティング」なる授業を秋から担当するという。

 中田氏といえば、日本文化を再発見するコンセプトのプロジェクトとサイト「にほんのもの」を立ち上げ、4月18日、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)に、日本の伝統文化を伝える“先生”として出演。約10年間にわたって日本国内を旅行する中で伝統工芸などに魅せられ、それらを伝える役を担いたいと語っている。

 そんな中田氏は先日、ひょんなところで週刊誌にその名前が登場し、世間をザワつかせた。

「『週刊新潮』(4月16日号)で、女優の杏と実母との“骨肉裁判”を伝えた記事の中で突如登場しましたね。夫・東出昌大との離婚問題を抱える杏は、一方でかつて所属していた実母が会長を務める個人事務所からの退職を巡って係争中との内容でしたが、その訴状や実母の陳述書で、中田氏が出てきたんです」(芸能記者)

 それら書面の中には、かつて杏がモデル事務所に所属していた際、〈前事務所のマネージャー〉は以前から杏に性的ハラスメントや〈パワハラをし、〉としたうえで唐突に〈元サッカー選手の中田英寿さんと性交渉の相手をさせようとしたり(中田氏は紳士的な対応で未遂に)、ギャラの支払いもおかしく〉との表現があったと同誌は報じているのだ。ここに、ネット上では杏の過去にはもちろん、中田氏についても驚きの声が上がった。

「中田氏については《事実であれば杏を断ったヒデは確かに紳士》《迷惑な話だが株は上がった》と称賛の見方が大半を占めていましたが、中には《やっぱりアノ噂は本当なの?》との疑惑の指摘もありました。中田氏はかつて女優の柴咲コウと交際が囁かれるなど、報じられている女性遍歴は豊富ですが、いまだ未婚。男性を性の対象とする男性御用達の海外ファッション誌の表紙も飾ったこともあることから“実はソッチなのでは?”とネット上を中心に囁かれ続けていますからね」(ネットウオッチャー)

 やはり今回の件は、とんだ大トバッチリだったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由