芸能

桐谷美玲、上半身起こして“輪っかハミ出し”!?/美女「バストトップ警察」(終)

「三億円事件」や「グリコ・森永事件」と並び、アサ芸「バストトップ警察」でも迷宮入りしている未解決事件がある。桐谷美玲(30)の“輪っかハミ出し事件”だ。

 06年から女性ファッション雑誌「Seventeen」(集英社)の専属モデルを務めながら、女優としてもドラマに出始めていた。そして、09年に放送された深夜ドラマ「LOVE GAME」(日本テレビ系)の第9話に出演した時、ベッドシーンを演じている。

 道端で会った既婚者の中年男性に声をかけ、割り切った形での交際を持ちかけてホテルに誘う。その後、場面は行為が終わったあとに移り、男性とアフタートークをしていると、桐谷が布団をつかみながらガバッと上半身を起こす。その刹那、左側の胸が“ポロッと見え”しているのだという。

「布団からギリギリ輪っかが隠れているかどうかというほど際どいシーン。当時、ファンの間では意見が真っ二つに割れ、輪っかの位置から推測すれば見えていても不思議ではなく、『アズキ色の輪っかだった』という声も。それでも結論は出ず、限りなくグレーのまま未解決になっているのです」(芸能事情に精通した尾谷幸憲刑事)

 数々のジャッジを下してきたバストトップ警察でも映像を確認したが、証拠に乏しく、これは不起訴になってしまう案件だろう。

 真実を掘り起こせず、がっくり肩を落としていると、人気急上昇中のグラドル界の新生・寺本莉緒(18)に“バストトップポロッと見え疑惑”があるとの緊急通報が飛び込んできた。

 3月25日に写真集「CURIOSITY」(講談社)が発売され、メイキング映像も公開されたのだが、思わぬアクシデントが起きていた。現場で出版関係者に聞き込みをすると、こんな証言が。

「両手を挙げて大きくジャンプした瞬間、空中でGカップおっぱいが弾むように暴れ、水着がズレてバストトップに貼っていたニプレスが見えちゃったんです」

 コロナ禍の飲食店では営業しただけで「自粛警察」に貼り紙で警告されるが、この寺本の“貼り紙”事件については、ネット上で騒動が広まると、彼女の知名度と好感度が急上昇したという。

 今日も“痴アン維持”のため、バストトップ警察のパトロールは続く─。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合