芸能

「チン談マン談」特別対談「笑福亭鶴光×林家たい平」(4)今もグラドルにおなじみの質問

東京五輪1年延期と掛けまして、竹と梅と解く。そのココロは、あとはマツしかない》鶴光

鶴光 ワシ、びっくりしたのは、昨年11月の「博多・天神落語まつり」の打ち上げ会場で、たい平さんが障子を牢屋に見立て、「出してくれ」って言いながらアチコチ回っとったこと。皆、二席やって疲れてる中、かくし芸するのはすごい。

たい平 その場にあるものでなんとか楽しませたいなって。僕の仕事はあの打ち上げだと思っているんで。

鶴光 楽屋でウワーッて騒いで、その勢いで高座に上がるタイプやね。

たい平 そう思います。鶴光師匠の時代も僕の時代も、クラスでいちばんおもしろいヤツが噺家になったでしょ。でも、今の若い子って、意外と落語が好きということで入ってきて、「えっ、あの暗いヤツが!?」って思われる。

鶴光 大阪で今ちょっと危惧されているのは、タレントになりたいヤツが落語を腰掛けにすること。けっこう増えてきた。けど、売れる売れへんちゅうのは、落語をきっちりやって、それに魅力があってオモロければ、絶対マスコミはほっとけへんて。講釈の(六代目)神田伯山がいい例や。

たい平 今は新型コロナ騒動で休んでいるんですけど、横浜にぎわい座で隔月で年に6回、毎回必ずネタ下ろしやってます。多い時は2席。もうすぐ100回。1回しかやらないネタもあるし、5年後に引っ張り出すネタもあります。

鶴光 ウチの師匠は「とりあえずどんなネタでも覚えとけ。で、だんだんと切り捨てて、ま、10本残ったらエエやろ。昔捨てたネタでも、年とったらできることもある」て言うてました。ワシも「子別れ」やり出したのは最近やし。

たい平 体動くうちは動いていたいですね。

鶴光 新作もやっとるよね。ワシ、改作して自分流にするとか、講釈を落語にしたりするのは得意やねん。でも、最初から作る才能はない。どうやって作るの?

たい平 楽しいことがフッと浮かんだ時、そこにだんだん肉をつけていくと、一席になったりします。

鶴光 なるほど。

たい平 自分はいつまでも青春落語でいきたいと思っています。うまくまとまるのは簡単じゃないですか。それよりも、動き回る青春の芸。60歳、70歳になっても青春の芸。それを目指したいと思っています。

鶴光 (五代目春風亭)柳昇師匠は80歳を超えて赤穂浪士四十七士の名前、大石内蔵助以下、全部言えた。びっくりしたで、もう。新作も作ってた。それが若さの秘訣の気がしたね。

たい平 いつまでたっても、軽~い感じがいいですね。鶴光師匠だって、軽いですもんね。軽くいられるというのは、いちばん難しいことだと思っています。

鶴光 ワシ、いまだにグラビアアイドルに「乳頭の色は?」言うとるもんね。それ、なくなってしもうたら、三文の値打ちもない。

たい平 変わらずにスケベなこと言ってくれると、僕ら、うれしいです。

鶴光 下ネタはやらんのやろ。

たい平 初代三平師匠時代から、海老名家では禁止されてるもんで。

鶴光 なのに、アサ芸向きの謎かけ、ありがたいね。

噺家と掛けまして、仮性包茎と解く。そのココロは、中にはむかない人もいるでしょう》たい平

たい平 SNSの時代になって、人とつながらなくてもいいと思う人もいますけど、落語聴くとやっぱり人とつながる楽しさがわかります。人間の幸せの最高レベルは、落語の世界なのかもしれない。ホントに天職に就いたと思っています。

鶴光 落語はご隠居さん、八っつぁん、熊さん、与太郎らが自由奔放に動き回る。それを動かすのは噺家。主役であり、脇であり、演出家でもあって‥‥落語家ちゅうのは楽しいね。

笑福亭鶴光(しょうふくてい・つるこ)1948年3月18日、大阪市出身。67年、上方落語の六代目笑福亭松鶴に入門。74年からニッポン放送「オールナイトニッポン」などのパーソナリティとして人気。東京を拠点に上方落語の発展に尽くす。上方落語協会顧問。落語芸術協会上方真打。出囃子は「春はうれしや」。師匠譲りの豪快な話芸で「相撲場風景」「三人旅」などを得意にしている。J:COMJテレにて隔週土曜「オールナイトニッポン.TV@J:COM」、J:COMチャンネル関西エリアにて毎週土曜「ジモト満載えぇ街でおま!」に出演中。「まだ寄席が開いていた3月末に噺家仲間と楽屋で会うた時、初めは笑うとったのがだんだん自虐ネタになって。最近はそういう話題すら口にしなくなってもうたね」

林家たい平(はやしや・たいへい)1964年12月6日、埼玉・秩父市出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業後、88年に林家こん平に入門。2000年、真打昇進。04年から「笑点」(日本テレビ系)に師匠の代役で出演、06年からレギュラー。04年と08年、国立演芸場主催花形演芸会金賞受賞。08年、芸術選奨文部科学大臣新人賞。19年、浅草芸能大賞奨励賞受賞。落語協会理事。武蔵野美大芸術文化学科客員教授。出囃子は「ぎっちょ」。BS朝日「新鉄道・絶景の旅」などに出演中。著作は「林家たい平の落語のじかん」など。「人間って素敵だなって思えるのが落語です。酔って失敗するなどダメ人間も登場しますが、本当の悪人は出てこない。人が出会う中で生まれる喜びや悲しみ、苦しみ全てを包み込んでくれます」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
2
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
3
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
4
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚
5
「エイベックス松浦会長の離婚」&「浜崎あゆみ極秘出産」が“意味すること”