芸能

本音も吐露?クロちゃんが語ったTKO木下への“土下座騒動”の一部始終

 安田大サーカス・クロちゃんが5月12日深夜放送のトーク番組「にけつッ!」(読売テレビ) にゲスト出演。TKO・木下隆行に土下座で頭を踏みつけられた事件について語っている。

 昨年10月、女性誌が報じたところによると、数年前にクロちゃんが木下をイジるドッキリ企画で、木下が激怒。収録後、楽屋で土下座させ革靴で頭を踏みつけたという。

「にけつッ!」でこの事件の話題になると、ケンドーコバヤシが「実質クロちゃんが引き金になったようなもんやからな。公式コメント出したらなんとかなったんちゃうか」と発言。クロちゃんは 「どうにもならないですよ。蛇足で10年以上前のやつを言われてるから」とし、「笑い話で団長とかがしゃべっていたから、それをまさかあんな悪意のある感じで書かれると思わなかった」と振り返った。

 さらに千原ジュニアが「それ以外のことは知らないけど、あれに関しては違うんですって、ツイッターとかで言ってたら…」と念を押すと、クロちゃんは「正直、踏まれたのは本当なので、言う気はなかったです」ときっぱり。

「クロちゃんが当時を振り返って言うには、収録中にクロちゃんが、木下がコンパで女の子からお金を徴収していたという話をしたら、木下が『昔の話やなあ』と発言。それをフリだと思ったクロちゃんが 『いや、最近ですよ』と話を盛ったため、木下が本番なのにキレている顔をしていたのだといいます。結局そのネタは超絶にスベり、収録後にクロちゃんが楽屋に挨拶に行くと、木下が明らかに怒っていたことから、クロちゃんはとっさの判断で土下座。これで許してもらえると思ったら、『なんか(頭が)ゴリッとなった』というのです」(テレビウオッチャー)

 千原ジュニアは「盛るにもいろいろあって、厚化粧と整形は全然違う」と例えたうえで、「コンパで女の子からお金をもらったことはないんでしょ、木下くんは?」と質問。クロちゃんは「ボクもね、記憶がよくわかんないので。昔の話なので定かじゃない」とお茶を濁し、千原は「うわー」とあきれた表情をみせた。

「しかし、クロちゃんは『(木下は)先輩っていうか、もうフリーの方なんで。別に先輩でもなんでもないんで』と、現状についてかなり突き放した言い方をしていましたね。ジュニアは『フリーでも先輩』とフォローしていましたが、土下座エピソードの発端がボヤけているとなると、もともと木下のイメージが悪かったということ。今後、さらにほかの後輩芸人から“告発”が出てもおかしくないのでは」(前出・テレビウオッチャー)

 相当印象が悪かったのか。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”