芸能

「スッキリを降板」箕輪厚介、代読謝罪のみでスタジオ登場を避けた理由とは?

 6月9日放送の朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)で、火曜日隔週コメンテーターを務めていた幻冬舎の箕輪厚介氏の“降板”が発表された。5月に「文春オンライン」で報じられた、女性ライターへの性的ハラスメント報道を受けてのものだ。

 番組最後、同局の水卜麻美アナが、箕輪氏から寄せられたこんなメッセージを代読している。

「僕自身、一般的な常識を欠き、知らず知らずの内に傲慢になっていたと思います。全て身から出たサビだと考えております。コメンテーターという仕事をするのにふさわしくないと考え、自分なりのケジメとして『スッキリ』をはじめとしたテレビ番組の出演は全て自粛することにしました。未熟な自分を猛省し精進してまいります」

 しかし、本人が直接番組に出演しなかったことで、「謝罪くらい自分の声でしろよ」「このまま本業の編集者に戻ればいいやという態度がアリアリ。最初からTVになんか出ちゃいけない人だ」「こんな人を起用していた番組にも責任があるよな」「これじゃ、加藤もスッキリしないだろうなw」など、非難とヤユが飛び交っている。

「番組としては最後まで箕輪氏に出演を訴えたといいますが、固辞されたようです。MCの加藤も『やっぱりコメンテーターをやって頂いてたということで、この場でしっかり発言して頂きたいということを番組サイドとしても、ボク個人の気持ちとしても、箕輪さんに伝えていたんですけど』と、不満を隠せない様子でしたね。いずれにしても、当分の間は箕輪氏をテレビで見かけることはなさそうです」(芸能記者)

 性的ハラスメント報道後、すぐさま反省するどころか、自身の運営するサロンメンバーには「オレの罪って重くない」「反省してない」などと発言していたことが発覚。代読してもらったメッセージにあるような決断は、その後のこととみられるが、もし、サロンメンバーに話していたような、「反省していない」という気持ちがどこかに残っていたとすれば、そもそも番組に出演して謝罪するのはやはり無理だった、ということだったのかもしれない。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
年越し事件ファイル「全員、OUT!」(1)松本人志がボツにした「渡部建トイレ前コント」の収録現場