芸能

そのパワー恐るべし!生田絵梨花が紹介した「ご飯のお供」に製造企業が“悲鳴”

 経済効果の大きさは今でも健在!?

 乃木坂46の生田絵梨花が7月13日に放送された朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)にVTR出演。お気に入りのご飯のお供を紹介したところ、大反響となっている。生田はゲストがスタジオ出演者にクイズを出題する「クイズッス」のコーナーに登場。自身が舞台に挑む際に「楽屋で行うルーティーンは何?」というクイズを出題し、正解は「炊飯器でご飯を炊く」というものだった。

「ご飯」ということで番組MCの加藤浩次は生田が好きなご飯のお供は何なのか気になった様子を見せていたこともあり、番組を見ていた生田は自身のインスタグラムにて、〈好きなご飯のお供はなめ茸です〉と返答。

また、〈母が強そうななめ茸を買ってきてくれました。笑〉と投稿し、「スタミナ1番」という瓶入りのなめ茸の商品を写真付きで紹介していた。

 この生田の投稿は翌14日の同番組でも取り上げられていたが、同商品は”自衛隊御用達のスタミナ食”という売り文句で、商品のパッケージはマッチョな力こぶのイラストというユニークなものであったこともあり、この商品を見た加藤は「どこで売ってるのかな? お取り寄せできるのかな?」と興味を示し、ハリセンボン・近藤春菜も「食べてみたい」と食いついていた。

 視聴者や生田のファンも同様に同商品が気になったようで、商品への問い合わせが殺到。商品のツイッター公式アカウントは14日、〈今朝スッキリにて生田絵梨花さんにご紹介いただいたおかげで、会社のサーバーは落ちるわ、ご注文は殺到するわで嬉しい悲鳴が現場から届いております〉と投稿し、生田がもたらした反響の大きさを明かしている。

「過去には同じく乃木坂メンバーの松村沙友理が、16年放送の乃木坂の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)にて、福島の名物菓子・凍天(現在は製造元が自己破産)を『私、乃木坂辞めたら凍天の事業始めようかな』『東京で凍天を流行らせたい。原宿で売ったらめっちゃ流行る!』と猛プッシュ。すると、全国の乃木坂ファンから通販サイトなどに凍天の注文が殺到し、製造数が注文数に追いつかない事態にも発展するほどの凍天フィーバーが起こっています。この時はとにかく爆売れしたようで製造メーカーも公式ツイッターにて《仙台でライブが有る時には、妻と娘を連れて是非参加させて頂きたいです。この度は私達を拾って頂き有難うございました》と、松村に対してやや大袈裟な感謝の言葉が綴られていました。松村も今回の生田といい、乃木坂メンバーの相変わらずの“インフルエンサー”ぶりにはあっぱれですね」(アイドル誌ライター)

 ちなみに生田は16年にインターネット配信された「乃木坂46時間TV」にて、フィンランド民謡「イエヴァン・ポルッカ」を歌唱して話題を集めているが、同民謡は偶然にも調理器具メーカー「象印」の炊飯器のCMソングにも起用されていたこともあって、後日、生田に同メーカーから炊飯器がプレゼントされるという珍事も起きている。今回も「スタミナ1番」が大量に送られてくる可能性もあるかも?

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し