芸能

「いやらしい」とバラされた!乃木坂46秋元真夏の「私服事情」にファン興味津々

 やはり私服は「攻めまくり」だった!?

 乃木坂46の秋元真夏が14日放送のバラエティ番組「乃木坂46のザ・ドリームバイト!」(フジテレビ系)に出演。同じく乃木坂の松村沙友理から私服事情をバラされる一幕があった。オープニングトークで外出時に変装するかを聞かれた秋元は「私、基本マスクだけですね」と、外出時はメガネをかけたりするのではなく、基本的にはマスクを着用するだけと説明。ところが、この秋元の返答を聞いた松村は「まなったん(秋元)はホンマに、マスクとかここ(顔辺り)がどうこうじゃなくて、服装がいやらしい服を着ている」と、秋元の私服事情を暴露したのだ。

 この松村の暴露に秋元は「着てない、着てない!」とあわてて否定するも、番組MCの霜降り明星のせいやは「イヤらしい!?」と、どういった服装なのか気になった様子を見せていた。また、ファンたちも秋元の私服事情を気になっているようで「やっぱり私服も肌見せ全開なのかな」「そんないやらしい服着てたら、アイドルってバレてなくても視線集まっちゃうでしょ」「ぜひ、街中で出くわしたいものだ」「あぁ~早く握手会行って、真夏の私服が見たい」などといった意味の声が上がり、興味津々のようだ。

「“あざと可愛い”を売りにしている秋元はオフショルダーや生脚を強調した私服を着用することが多く、私服をメンバーに頻繁にいじられています。16年に放送された乃木坂の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)でも、ミニ丈のスカートに胸元が強調される私服で登場。番組MCのバナナマンの2人も『ちょっと、こう…やらしいのか』艶っぽいという意味のそのものズバリの形容詞が口から出たりなど、コメントに困っていたほどでした。また、胸の大きさがかなり盛られていたように見えたことから、設楽統は『あれ、ちょっと待って』と食いついており、(元)メンバーの生駒里奈からも『入れてる! 入れすぎ! 何枚入れてるの?』と、胸にパッドを仕込んでいることを指摘されていましたね。実際に街を出歩く際にはここまで“攻めて”はいないにせよ、持っている私服のレパートリーからしても、他のメンバーたちに比べると私服は肌見せが強い傾向にあるんじゃないでしょうか」(アイドル誌ライター)

 ちなみに乃木坂がシングルを発売するたびに行う個別握手会では、メンバーたちは基本的に私服で参加し、ファンと触れ合っている。このご時世とあって、握手会開催の目途はいまだに立っていないが、秋元の“いやらしい”私服が気になるファンたちは、コロナ禍が収まり、握手会が再開された際には、すぐさま最近の秋元の私服事情をチェックしに現場に大集結しそうな気配である。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
3
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること