芸能

蘇るあの放送事故!高橋由美子が「今も抱えるバラエティ番組のトラウマ」吐露

 7月28日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」に、女優の高橋由美子がゲストとして登場した。

 この日の高橋は、9月11日から始まる主演舞台「時子さんのトキ」や、歌手デビュー30周年プロジェクトの宣伝を兼ね出演。話題はデビューのきっかけやアイドル時代のエピソード、94年の主演ドラマ「南くんの恋人」(テレビ朝日系)の裏話などに至ったのだが、そんな中、高橋はバラエティー番組に出演する際の戸惑いについても語りだした。

 もともと目立ちたくはないという高橋は、ひな壇に出演した際、「あの時の“居かた”が自分でもわからない」といい、「悪目立ちしないように静かにしてるんですけど、それが興味がないのかって思われる」「静かにしてるとイジられて、それが良い方向に響く時と“ふてくされてた”って書かれる時と、さじ加減が全然わかんなくて」と、いまだに慣れないことを打ち明けていた。

 高橋といえば18年、既婚者である実業家男性と「歌舞伎町ホテルでの白昼不貞」騒動を週刊文春に報じられたことは記憶に新しい。

「その直前、高橋はすでに『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)の正月の生放送特番で泥酔して共演者にからんだり、『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)では、酒の失敗エピソードで20代後半に行きつけの居酒屋で初対面の男性と意気投合し、朝目が覚めたら男性の家にいたことを明かすなど、バラエティ出演でそれまでの清純派をみごとにぶち壊しています。結果的にその裏の顔は不貞報道で実証されたわけですが、彼女が言うように、確かに当時のぶっちゃけ過ぎ具合を見ても、“さじ加減がわからない”というのはうなずけますね」(前出・芸能ライター)

 騒動後、テレビでの芸能活動は控えめの高橋。30周年を機に、ぜひともまたバラエティに挑戦して欲しいものだが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」
5
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」