芸能

工藤静香 ネットに手料理写真でアンチの怒り爆発

 工藤静香(50)の周辺が騒がしい。プライベートをネット上に投稿するや、アンチにバッシングされるのは日常茶飯事。その矛先は、家庭料理にまで向けられる始末なのだ。

 工藤といえば、日本一のイケメンであるキムタクを夫に持ち、2人の娘はいずれも芸能界で活躍‥‥と、誰もがうらやむセレブ生活を送る。それに対するやっかみなのか、17年にデビュー30周年を記念して開設された公式インスタグラムに批判が殺到しているのだ。女性誌記者が解説する。

「特に手料理の写真の評判が芳しくありません。釣り上げた鯛をそのままブチ込んだ『アラ煮』やRPGの毒の沼地を連想させる毒々しい『ゼリーケーキ』など、独創性はあるものの、インスタ映えしないことに対するツッコミがひどいんです。本人にしてみれば私生活を見せるファンサービスのつもりなのでしょうが、アンチたちの格好の餌食になっています」

 当初こそ、アンチの誹謗コメントを取り上げたメディアに抗議する姿勢を見せたが、近頃は静観の構えに徹している様子。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏は、

「アンチコメントに応戦することにメリットがないことを心得ている」

 と、次のように指摘する。

「デキ婚以来、自分たちのアンチとの闘いが続いています。下手に相手をすれば炎上するだけなので、一切触れないことにしているのでしょう」

 実際、手料理写真以外にも、結婚20周年を迎え家庭円満をアピール。キムタク自身は事務所の方針でSNSの発信は制限されているものの、写真週刊誌にツーショット写真を掲載されも警戒する様子はなく、近所を散歩する姿が今でもたびたび目撃されているほどだ。その裏には工藤のある狙いが見え隠れしているというが、

「家庭の実権を握っているのは彼女だという猛烈なアピールですよ。娘のCocomiとKoki,のプロデュース能力で手腕を評価されていますが、実際にはキムタクの威を借りているだけ。木村家における家族円満はすなわち、旦那の手綱を握っていることにほかなりません。自宅近くに工藤の実家があることも相まって、家庭内で旦那は嫁の尻に敷かれていますからね」(女性誌記者)

 バッシングされた手料理写真も、表舞台での復権のためならやむをえないという事情のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
3
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?