芸能

川口春奈 本田翼とのYouTuber対決は手段を選ばず

 芸能人がYouTubeに続々参入する中、大物女優同士の競争が激化。その頂点に君臨するのは本田翼(28)だが、果敢に挑戦状を叩きつけた川口春奈(25)には「秘策」があった。

 18年9月に開設した本田のチャンネル「ほんだのばいく」の登録者は女性芸能人トップの210万人。寝起きの支度やオススメ漫画の紹介など、たわいない内容ながら、最高877万回再生を叩き出す超人気チャンネルとなった。一方の川口が「はーちゃんねる」を開設したのは今年1月末だ。

「沢尻エリカの代役で抜擢されたNHK大河『麒麟がくる』の初回放送直後だっただけに、大きな注目を集めました」(芸能記者)

 2月2日に投稿した、地元の長崎・五島列島に帰省する動画は600万回に迫るほどの大反響ぶり。自信を得たのか、本田への強烈なライバル意識を公言するようになったのもこの頃だ。

「スタートダッシュが成功して、彼女はイケると確信。周囲のスタッフらに『YouTubeでトップの本田さんを抜くつもり』と自信満々に語っていました。その背景には、女優として自分が本田より格上との意識もあったと思います」(芸能プロ関係者)

 本田超えに意欲を見せる川口だったが、そううまくはいかなかった。

「グルメやQ&A動画などで200万再生超えを連発していたものの、徐々に視聴者に飽きられてきた。結果、4月過ぎには100万再生を切るまでになりました」(芸能プロ関係者)

 相変わらず好調が続く本田の背中が遠のく中、川口は「禁じ手」で「報復」を図る。

「失速に危機感を募らせて、露骨な『セクシー路線』に走りました。6月14日の動画はバドミントンの奥原希望に『美尻トレーニング』を教わる内容だったのですが、これがとにかくエロい。あおむけになってお尻を腹筋で持ち上げる『バットリフト』のポーズでは股間の盛り上がりがハッキリとわかる『ドテ見せ』。さらにあおむけで両足を前後させる『ニーレイズ』に至っては、男を迎え入れる『正常位挿入ポーズ』にしか見えない。こうしたトレーニング中、彼女は顔をゆがめながらアエギ声のごとくうなり続けていて、閲覧者からも『エロすぎる』との指摘が相次ぎました」(芸能記者)

 その後も「岩盤浴で汗まみれ」動画などお色気路線のかいあって、チャンネル登録者数は100万人突破まで回復。それでも数百万再生を連発する本田との差は縮まらない。

「以前は周囲の人間に動画のアイデアを喜々として語っていた川口ですが、なりふりかまわぬ攻勢でも本田に惨敗。よほどプライドがズタズタになったのか、最近ではYouTubeの話をしなくなりましたね」(芸能プロ関係者)

 セクシー路線を強化する意欲を取り戻してほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、ドッキリ動画に映り込んだ「爆裂バストが凄い」とファン大反響!
2
鈴木奈々のヒップ見せ以上!「女子メンタル」地上波カットされたウイカの激艶シーンとは?
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
森七菜、髪型イメチェンで「完全に広瀬すず化!」ファンがザワザワ
5
巨人のエース・菅野が「越権行為」も原監督が手を出せなかった“事情”とは!?