芸能

<2020上半期>輝く!有名人スキャンダル大賞(1)アンジャッシュ・渡部が強すぎて…

 コロナ禍で誰もが静かにしていたかと思いきや、有名人たちはスキャンダルの歩を止めていなかった。ならば自粛知らずの4人にご登場願おう。舌鋒鋭く2020年上半期の騒動を総まくりする!

水道橋博士 実はこれ、浅草キッド、初仕事だよ。

内山信二 えっ!? 令和2年初ってことですか?

 そう。浅草キッドが見られるのはアサヒ芸能だけ。こんだけソーシャルディスタンスやってるとこはない。

 独占なんですね(笑)。

玉袋筋太郎 リモートコンビ。

 しかし、こんなにヒマなのは子役で仕事がなくなって以来ですよ(笑)。4~6月はほとんど働いてないですから。

吉田豪 玉さんは自宅スナック配信がありましたけど。

 配信なんか、あんなの仕事じゃないもんね。飲んでる姿を定点カメラで撮られてるだけの防犯カメラだからさ。

 久々にスタジオ行って3カメあると緊張しますよ。こうやって振り返るとイロイロあったんですね。

 アンジャッシュ・渡部が強すぎて、他の話が弱く感じる。

 上半期は渡部と霜降り明星・せいやの二強ですよ。

 東京アラートというか、渡部アラート。六本木ヒルズがライトアップされたような感じがした。こんなにショッキングな不倫は過去にないね。いまだ会見もできないし。

 ツェーマン(1万円)渡してたってのがね。どうやって復帰するんだろう。

 渡部も木下優樹菜も財力があるから、シンガポールとかに何年か移住して、子育てを終えて帰って来るとかね。

 内容的にはせいやもショッキングなはずなのに、好感度の差なのか。渡部さんにはもともと、なんとなくイケすかない的な空気があったということでしょうね。

 あれでさ、俺もまたチャンスがあると思ったわけよ。「王様のブランチ」に汚点がついて、「玉様のブランチ」になるとこだったんだけどさ、ならなかったね。

 東スポの見出し、〈性獣・渡部〉だもん。

 そのイメージがまったくなかったから、落差が大きすぎる。

 あと、ヤッてた場所ですよ。仕事終えてすぐ六本木ヒルズの多目的トイレという。

 それを言いだしたら、せいやだって「オールナイトニッポン」の前に一発抜いてたとかね。大差ないはずなんですよ。結局、大きいのはオナニーとセックスの違い。「オナニーでハメられた」って言っましたからね。

 ハメないのがオナニーなんだけどね(笑)。

 ヤリ捨てでも何でもないですから。初めてだと思いますよ、オナニーを告発されるっていうのは(笑)。

 ジョージ・マイケル以来。

 証拠映像があるからね。

 画面に〈石川せいや〉って表示されてましたから。どうにも逃げられない。

 とにかく語呂がよかった。「霜降り」だの「粗品」だの。ネタになりやすかったね。

 出したのは「粗品」じゃなかったという。

 木下優樹菜の引退も大きなニュースになった。

 去年噂になった人が、怪しいらしい。EXILE系なのかな。でも、契約解除みたいなものが、なぜ引退として報道されてるのか、ちょっとモヤッとしますけどね。

 引退する理由って、取材やめてくれっていうことだよね。もう一般人だから家に来たりしないで、子供がいるからという牽制。

 木下優樹菜はファンクラブの名称がよかったですよ。

 「木下組」っていう。

 木下組解散。やっぱり暴対法に耐えられなかったんでしょうね(笑)。

 東出昌大はホッとしただろうなぁ。

 鈴木杏樹さんの4000円不倫も薄れちゃったし。「あ、そういえばあったな」ぐらいの感覚ですよ。

 上書き、上書きだもん。

 上書き、上書きで芸能界のスキャンダル、うまくいってきたんでしょうね。

 誰か中継ぎが出てきて、火消し役が来る。

 こういう時、ワンポイントのリリーフ登板で必ず出てくるのが田代まさしなんだけどね。

 岡村(隆史)さんの「コロナでいい子がたくさん風俗に」発言は相当前のことのような気がしますね。

 今思うと「何が悪かったんだ」ぐらいの話。『チコちゃんに叱られる!』を降板せよ、みたいな署名、あれはひどかった。そこまでじゃねえだろうって。

 しかも、それを言いだした人が放送を聴いてなかった、みたいな。

 もちろん、発言はいかがなものかなとは思うんですけど、ラジオの発言と子供向け番組とは違うわけで。「深夜のラジオだから、ちょっと許してよ」っていうの、あるじゃないですか。

 深夜のラジオを本気でチェックしたら、大変なことになっちゃう。

<座談会メンバー>

=水道橋博士/=玉袋筋太郎/=吉田豪/=内山信二

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”