芸能

<2020上半期>輝く!有名人スキャンダル大賞(2)上沼恵美子はたけし軍団NG

 芸能人が続々ユーチューブに参入。小林旭、すごくいいよ。しゃべれるし。

 あの顔、あの声でちゃんと「チャンネル登録をお願いします」って(笑)。

 夢グループは今、食えねえからな、コンサート中止で。

 (石橋)貴明さんも、登録者数60万人ぐらいになってるよね。

 その中で、さん然と輝く江頭の200万人超え。でも、せんだみつおさんぐらい、ユーチューブやればいいと思う人はいないんだけどな。

 しゃべれるし。

 中身は保証付きだけど、やっぱり人気がない(笑)。おもしろいぞ、せんださんがやったら。最高だと思うよ。全部ぶっちゃければいいんだもん。なんで気づかねえんだろう。

 知名度とかじゃないですからね、ユーチューブって。勝俣(州和)さんのチャンネル登録数の少なさも圧倒的で、再生回数も全然いってなくて。

 内山くんが下向いてるよ。

 だいたい動物に負けますね。〈新しい家族が増えました〉という動画が10万回再生いく。うちの奥さんと2人で作ったシュウマイの再生は100回ですからね。

 宮迫(博之)の成功は相当大きい。

 大きいですよ。「完全にあいつ終わった」ぐらいに言われてた人が、逆にうまいこといっちゃって。

 吉本への復帰や吉本芸人との共演がまったくない中で。

 そこから逆転ホームラン打ったの。すごいよ。

 食べることだけ考えたら、そっちで十分ですもんね。

 ユーチューブで絶頂を迎えてるカジサック(梶原雄太)が、上沼恵美子さんでしくじった。何百万奢ってやっただろっていう。

 危機的状況で、ずっとカジサックに手を差し伸べてた唯一の人なのは間違いないんですよ。

 上沼さんが?

 うん。

 カジサックは「上沼さんが助けてくれた、自分の師匠なんだ」と力説してたんだよ。

 そこは見てない。

 そういえば上沼さんの番組って、たけし軍団NG。

 何かあったんですか。

 わかんない。ずっとないんだよ。

 上沼さんの番組は「この名前を出さないでください」とか、最初にそういう念押しがあるんですよ。スイッチが入って本番中、「カメラ止めて!」とか言って10分ぐらい悪口言い続けますから。そんな上沼さんが、なぜか宇多丸ファンなのがいいですよね。映画評が大好きで。

 宇多ちゃん、そっちで食えるじゃん。奢ってもらって、時計とかもらえばいい。

 相当、いい時計をもらえるみたいですからね。

 織田無道、「テレビはヤラセばかり。除霊はできない」と暴露。

 見てる側が「除霊できてない」って思うのはいいんだけど、してたほうが「できない」と言うのは違う。出なくなってから言わなくても。

 今さらミスター高橋みたいなこと言いだして。

 墓場まで持って行かなきゃいけないことですよ。

 織田無道とは「浅草橋ヤング洋品店」で共演したけど、インチキに加担してたのはある意味、俺たちだからなあ。

 この人、ホントにおもしろくなくてねえ。

 とにかく「自分が言ってることがおもしろい」と思っちゃってる人だからね。そこは大仁田厚と一緒。唐沢寿明もそういうタイプだったんだよなあ。

 「な、俺っておもしろいだろ?」というさ。

 何にもおもしろくないんだよ。こっちのオチを言う前に、自分でつまらないオチを作って、自分だけでウケちゃう。しかし、木下優樹菜が引退したってさ、江角マキコがまだ「息子が通う学校で学費優遇トラブル」みたいなことで出てくるっていうことは、やっぱり追いかけられるんだな。

 長嶋一茂邸の「バカ息子」落書き事件以来。

 誰もが大好きな事件ですよ。

 あの「バカ息子」の落書きを消すペンキを塗ったのが僕の知り合いなんですよ。

 えっ!?

 一茂さんに「子供たちと一緒にハワイに行ってる間に塗っといてくれ」と言われたみたいで。こんなこと書かれてかわいそうだなと思ってましたよ。

<座談会メンバー>

=水道橋博士/=玉袋筋太郎/=吉田豪/=内山信二

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美