芸能

戦後75年を彩った「あのいい女」は今!<昭和の歌姫篇>「アイドル第1号」南沙織

 戦後の日本を支えたのは、誰もが耳にした歌姫たちのヒット曲である。テレビ時代になって目でも楽しませてくれた歌手たちは今、どうしているのか──。

 沖縄が日本に返還されたのは、72年のこと。その前年に「17才」でデビューした南沙織(66)は、前祝いのような役割を担った。

 加えて南沙織を「アイドル第1号」と呼ぶ声は多く、今に続くアイドル文化を形成。その仕掛け人、音楽プロデューサーの酒井政利氏は、ライバルの小柳ルミ子が「陸」で天地真理が「空」なら、南に「海」のイメージを持たせることで差別化を図った。

 篠山紀信氏との結婚後は、わずかな期間を除いて引退状態にあるが、酒井氏によれば「来年は50周年だけど、表舞台に出る気はなさそう」とのこと。

 翌72年には、伝説のスカウト番組「スター誕生!」の初代グランドチャンピオンとして森昌子(61)がデビュー。圧倒的な歌唱力と若さを武器に、桜田淳子や山口百恵など多くのアイドル志望者を目覚めさせた。

 昌子は昨年12月25日、地元・宇都宮でのコンサートを最後に引退したはずだった。ところが、今年2月から3月にかけ、自身が「残業」と呼ぶコンサートが残っていた。引退発表以前から決まっていた「JAさいたま」主催の全16公演で、撤回することはかなわなかったという。結果的に2月後半からはコロナ禍の影響で中止に追い込まれたが、なんとも商魂たくましい「引退ビジネス」であったようだ。

 突然の訃報が往年のファンを襲ったのは、戦後最大のポップス歌手と呼ばれた弘田三枝子(享年73)である。今年7月21日、急性心不全により亡くなったが、闘病中との情報もなかったことから、関係者に驚きの声が上がった。

 弘田の所属事務所の代表である合田道人氏は、かねてよりの基礎疾患を疑ったが、火葬後に目をみはった。

「遺骨が真っ白で1本1本が太く、骨壺に入りきらなかったほど。多少、どこそこが痛いとは年齢的にこぼしていましたが、本当に悪いところがないまま死んだのには驚きました」

 合田氏は昨年12月、愛知の星神社で弘田とともに「歌の奉納」を行い、境内でのステージを務めた。

「それがミーコにとって最後の歌唱となりました。コロナ禍が落ち着いたら、60周年に向けての準備に入るところでした」(合田氏)

 あのパワフルな歌声を追悼の代わりに流してほしい。

 弘田とほぼ同世代にあたる安倍律子(71)は、今年デビュー50周年を迎える。70年にヒットした「愛のきずな」で日本レコード大賞新人賞に選ばれ、80年代のカラオケブームでは、橋幸夫との「今夜は離さない」などでデュエットの女王と呼ばれた。

 実は安倍は「あべ・りつこ」の読みは同じでも、律子・理津子・里葎子と改名を繰り返し、今年3月に再び「安倍理津子」に戻している。50周年記念のイベントは、感染防止に配慮しながら、少しずつ開催しているようだ。

 松田聖子と同じ80年にデビューした河合奈保子(57)も、今年はデビュー40周年。2年前には一足先に40周年を迎えた竹内まりやに、ラジオ番組でメッセージを提供。引退以来、実に21年ぶりの肉声としてファンを狂喜させた。

 96年の結婚以降、芸能界からは距離を置いているが、今も復刻写真集やCDボックスが出るたびに大きな話題となる。メモリアルイヤーの今年は、何らかのサプライズはあるだろうか‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは