芸能

小芝風花、「妖怪シェアハウス」主演で次に狙う“朝ドラヒロイン”と“難点”

女優・小芝風花主演の深夜ドラマ「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系)が、8月1日にスタート。“次世代コメディエンヌ”小芝の民放連ドラ初主演に注目が集まっている。

 同ドラマは、気弱で空気ばかり読んでしまう主人公・目黒澪(小芝)がお節介な妖怪たちに助けられ、たくましく成長していく姿を描くホラーコメディ。シェアハウスに暮らす大酒飲みの酒呑童子(毎熊克哉)、寮母として世話を焼く座敷童子(池谷のぶえ)、四谷怪談のお岩さん(松本まりか)、ぬらりひょん(大倉孝二)など、妖怪キャラが実写で登場。深夜帯にもかかわらず世帯平均視聴率5.5%を獲得し、関心の高さがうかがえる。

 小芝は2016年朝ドラ「あさが来た」(NHK)でヒロインの娘役を演じて注目を集めると、昨年主演を務めたドラマ「トクサツガガガ」(NHK)では隠れ特撮オタクのOL役。さらに「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系)では漫才を披露するヒロイン、そして前クールの「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系)でもコメディエンヌぶりを発揮し、今回の作品でいよいよ民放ドラマ初主演。今や事務所の期待を一身に背負っているといっても過言ではない。

 そんな小芝サイドには、大きな野望があるという。

「それは、NHK朝ドラのヒロインになることです。近道はヒロインの家族を演じることで、例えば『まれ』の土屋太鳳は『花子とアン』でヒロインの妹役。『とと姉ちゃん』の高畑充希は『ごちそうさん』でヒロインの義理の妹役。そして来年の朝ドラ『おかえりモネ』の清原果耶も『なつぞら』でヒロイン役の広瀬すずの妹役を演じて注目を集め、朝ドラのヒロインに抜擢されています。その点、『あさが来た』でヒロイン・あさ(波瑠)の娘役・千代を演じた小芝はNHKの覚えもめでたく、その資格は十分。ただ、『妖怪シェアハウス』のようなキャラの濃い役をやると色物のレッテルを貼られる恐れもあり、そのあたりが気がかりです」(芸能ライター)

 振り切った役どころの朝ドラヒロインなら適役なのだが、果たして。(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!