芸能

「わたどう」、悪役・観月ありさにも同情集まった最終回「意外な展開」の大反響!

「令和の昼メロ」と話題になった、浜辺美波と横浜流星のW主演ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の最終回が9月30日に放送され、平均視聴率は9.6%。全話の平均視聴率は8.9%だった。

 物語は、老舗和菓子店「光月庵」で、若旦那の高月樹(鈴木伸之)が刺殺されたところから始まる。

 幼かった息子の椿(横浜)の証言で、住み込み従業員の大倉百合子(中村ゆり)が、娘・七桜(浜辺)の目の前で逮捕される。

 月日は流れ、椿と七桜は和菓子職人として頭角を現し、惹かれ合い、七桜は椿の婚約者として高月家に入る。椿は「光月庵」の後継者として精進するが、大旦那の宗寿郎(佐野史郎)の態度は冷ややかだった。

 それは、椿の母・今日子(観月ありさ)が不貞の末に身ごもった子だったからだ。

 さらに、七桜は樹と百合子の娘で、正当な高月家の跡継ぎだったことが発覚。七桜は「光月庵」を取り戻すべく、椿と和菓子対決に挑む。しかし、椿は角膜を損傷し、失明の危機に陥っていた。

 最終回では、樹を殺した犯人、椿の父親が誰なのかが次々と明かされていった。また、今日子が「光月庵」に執着してきた経緯も明らかとなった。

「『今日子の不貞相手が多喜川薫(山崎育三郎)の父で、樹を殺したのは薫だったなんて見事に裏切られた』などと書き込まれたように、思いがけない犯人に驚いたようです。また、今日子が不貞に走った経緯や悪行を重ねた理由が明らかになると、今日子への同情が高まりました。しかも、最期は椿に角膜を提供したくだりでは、あまりの切なさに涙する視聴者もいたようです」(テレビ誌ライター)

 2ケタ視聴率とはならなかったが、視聴者の心に深く爪痕を残した作品だったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
3
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
4
篠原涼子、「バスト揉まれまくり&舌入れキス」の衝撃映像にアクセス殺到!
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!