芸能

「わたどう」、悪役・観月ありさにも同情集まった最終回「意外な展開」の大反響!

「令和の昼メロ」と話題になった、浜辺美波と横浜流星のW主演ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の最終回が9月30日に放送され、平均視聴率は9.6%。全話の平均視聴率は8.9%だった。

 物語は、老舗和菓子店「光月庵」で、若旦那の高月樹(鈴木伸之)が刺殺されたところから始まる。

 幼かった息子の椿(横浜)の証言で、住み込み従業員の大倉百合子(中村ゆり)が、娘・七桜(浜辺)の目の前で逮捕される。

 月日は流れ、椿と七桜は和菓子職人として頭角を現し、惹かれ合い、七桜は椿の婚約者として高月家に入る。椿は「光月庵」の後継者として精進するが、大旦那の宗寿郎(佐野史郎)の態度は冷ややかだった。

 それは、椿の母・今日子(観月ありさ)が不貞の末に身ごもった子だったからだ。

 さらに、七桜は樹と百合子の娘で、正当な高月家の跡継ぎだったことが発覚。七桜は「光月庵」を取り戻すべく、椿と和菓子対決に挑む。しかし、椿は角膜を損傷し、失明の危機に陥っていた。

 最終回では、樹を殺した犯人、椿の父親が誰なのかが次々と明かされていった。また、今日子が「光月庵」に執着してきた経緯も明らかとなった。

「『今日子の不貞相手が多喜川薫(山崎育三郎)の父で、樹を殺したのは薫だったなんて見事に裏切られた』などと書き込まれたように、思いがけない犯人に驚いたようです。また、今日子が不貞に走った経緯や悪行を重ねた理由が明らかになると、今日子への同情が高まりました。しかも、最期は椿に角膜を提供したくだりでは、あまりの切なさに涙する視聴者もいたようです」(テレビ誌ライター)

 2ケタ視聴率とはならなかったが、視聴者の心に深く爪痕を残した作品だったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇