芸能

「白井大臣」江口のりこにアノ大御所がメロメロ!?その「納得」の理由とは

 9月27日に最終回を迎えた「半沢直樹」(TBS系)。7年前のシーズン1では半沢の同期・近藤直弼を演じた滝藤賢一の名前と演技力の高さで“役者株”が急激に上がったが、今シーズンで株を上げた役者といえば、白いスーツがよく似合う国土交通大臣・白井亜希子を演じた江口のりこだろう。

 最終回では師事していた柄本明演じる箕部幹事長の不正を知り、これまでは帝国航空の再建を巡り東京中央銀行側に「債権放棄」を迫っていたにもかかわらず、「債権放棄の必要はないと思います」と爽快な寝返りを打ち、視聴者を沸かせてくれた。

 放送中の「キワどい2人‐K2‐」(TBS系)でも、W主演の田中圭と山田涼介が扮する黒木賢司と神崎隆一の同僚であるSixTONESのジェシー扮する諸星一朗とバディを組む「木村ともこ」役を好演している。

「江口は飾らない素顔と歯に衣着せぬもの言いから、笑福亭鶴瓶にとてもかわいがられています。その証拠に鶴瓶とゲストがサシでトークを交わす『チマタの噺』(テレビ東京系)には番組最多の8回も出演。江口がTBSの安住紳一郎アナのことを好きだと知った鶴瓶は、安住アナがMCを務める『ぴったんこカンカン』(TBS系)で2人を引き合わせたこともあるほど。しかし、江口は6月9日深夜放送の『チマタの噺』では『ぴったんこカンカン』に対し、『安住さんに会えるから、それだけのためにやろうと思える仕事なんです』と前置きしながらも『けど、やっぱり変じゃないですか?座ってVTR見て、クイズ2問しかないんですよ?』と兵庫県出身らしいイントネーションでブッタ斬り。おそらくそういうところがまた鶴瓶の好みなのでしょう。江口の往年のファンの間では『半沢直樹』で大活躍したご褒美に、米倉涼子のように安住アナとの番組内デート企画を鶴瓶から持ちかけてほしいとの声があがっているそうです」(女性誌記者)

 演技力だけでなくトークスキルも高い江口。鶴瓶には松嶋尚美とトークを繰り広げる「きらきらアフロTM」(テレ東系)のような番組を、江口と2人で始めてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す