芸能

芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(3)綾瀬はるかのポジションを目指せる

 才色兼備を地で行く芦田の今後の活躍について、尾谷氏が続ける。

「彼女の清楚さは、綾瀬はるかのポジションを目指せると思うんです。まだ16歳ですが、ピッチリとしたニットの衣装を着ている際には、成長過程をうかがわせる体のラインが見て取れます。綾瀬も最初は、本意でない水着仕事から成り上がった。ヴァン・ヘイレンだってデビューは78年ですが、全米1位を獲ったのは84年。この間に、ヨゴレ仕事もこなしたと思います。綾瀬にたどりつくまでには、どこかで濡れ場に挑戦するなど、試練も必要となるでしょう。それを乗り越えた先に、綾瀬やヴァン・ヘイレンが待っているのです」

 女優としてさらなる高みを目指す中で、女医転身サプライズという難関な野望もある。さらには──。

「中学時代の愛菜ちゃんは、将来的に報道番組のコメンテーターになることに興味を示していた。受験勉強やさまざまな本を読む中で政治や社会、世界情勢などへの関心が高まったようです。そうした本人の意向を知り『将来と言わず、今すぐにでも!』と、周囲が水面下で各テレビ局に売り込みをかけたこともありました。結局、まだ中学生ということで、通学時間の朝や、労働基準法の規定で夜の放送が多い報道番組への出演は厳しいということで実現はしませんでした。しかし大学生になれば、自然とラブコールが殺到するのではないでしょうか」(広告代理店関係者)

 北川氏も、芦田がオピニオンリーダーとなっていくことには賛同する。

「彼女は学力も優秀で、女優のみならず、何をやらせてもできてしまう。今までにいない天才肌だと思います。テレビの教養番組でも何の違和感もなくこなしていて、前例がない存在感を発揮している。ドラマ、映画に出演しながら、中高生向けの情報番組でキャスター、MCのようなこともしてほしい。番組を回し続けて意見を発信し、日本を救ってほしい。現代の若者たちをリードしていってもらいたいですね」

 天才子役はどこまで進化していくのか。今後も目が離せない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
2
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
3
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
4
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
5
浜辺美波、「ドクターホワイト」放送直前に浮上した“那須川天心との熱愛疑惑”