芸能

寺門ジモン 初監督作「フード・ラック!食運」のキャストは食べ物で釣った

●ゲスト:寺門ジモン(てらかど・じもん) 1962年、兵庫県生まれ。85年、肥後克広、上島竜兵らと「ダチョウ倶楽部」結成。「リアクション芸」や「つかみギャグ」で人気となり、バラエティー番組に欠かせないグループに。メンバー個々の活動が増えてからは「グルメ」「サバイバル」「肉体鍛錬」「オオクワガタ」などに関する知識を披露し、マニアとしての活動が増える。「寺門ジモンの取材拒否の店」(フジテレビ系)、「寺門ジモンの肉専門チャンネル」(フジテレビONE)など冠グルメ番組にも多数出演。「食品衛生管理者」の資格も所持している。11月20日、原作・監督を務めた映画「フード・ラック!食運」が全国で公開される。

 グルメ、サバイバル、肉体鍛錬、オオクワガタと多方面でマニアックな活動を展開しているダチョウ倶楽部の寺門ジモン。この11月、焼肉店を舞台にした初監督映画「フード・ラック!食運」が公開される。初めて飛び込んだ映画界で、寺門が直面した壁を天才テリーにとことん語り尽くした!

テリー 初監督の映画がついに公開。すごいじゃん。

寺門 ありがとうございます。「フード・ラック!食運」という、見終わったら焼肉屋さんに行きたくなる映画です。

テリー ねぇ、ほんとだよ。

寺門 見たことありませんよね。1枚の肉が焼かれていくところを大スクリーンに映すなんて。あれ、肉を裏返す時のジュージューって音も、映像に合わせて左右に振ってるんです。

テリー へぇ。さすが凝り性だなぁ(笑)。またキャストも豪華だよね。主演がEXILE NAOTO君と土屋太鳳ちゃん。

寺門 食べ物で釣ったんですよ。映画を撮る時に初監督の壁というのがあって。

テリー なに、それ?

寺門 今、映画って人気の小説や漫画の原作が多いじゃないですか。でも、これは僕の書き下ろしなんで、基本的には大手事務所のタレントさんや俳優さんには出ていただけないんです。

テリー あ、そうなの。

寺門 それを打ち破る唯一の方法が、食べ物で釣ることなんです(笑)。「この映画に出ると、うまいものが食えますよ」って言うと、「お、だったら出ようかな」ってなるわけです。「今までの人生の中で最高の弁当が出ますよ」って。

テリー ジモンさんは、ほんとにうまいものを知ってるからね。この映画は焼肉屋が舞台だけど、どうして映画を撮ることになったの?

寺門 最初は松竹の方から「肉のドキュメンタリー映画を撮りませんか」ってお話をいただいたんですよ。「最近、食べ物の映画ってないよね」「伊丹十三さんの『タンポポ』以来、ないんじゃない?」なんて話をしていて。

テリー あぁ、そうかもしれないな。

寺門 でも僕、ドキュメントは「寺門ジモンの肉専門チャンネル」(フジテレビONE)や「寺門ジモンの取材拒否の店」(フジテレビ系)でやっちゃってるんですよ。だから、「それだとつまらないから、ストーリーがあったらいいのにな」って言ったんです。そしたら松竹の方が「ホン(原作)書けます?」って上から来たんですよ。「まぁ、書けないと思いますけど」みたいな。

テリー 挑発されたんだ。

寺門 それで、「じゃあ、頑張ります」って言って、6年かかって、やっと原作が出来上がったんです。

テリー 6年? すごいね。

寺門 僕、言いたいことがありすぎて、最初、広辞苑ぐらい分厚いホンになっちゃったんです。だから最後は脚本家の方に切っていただいて。気持ちが入りすぎると切れないんですよね。

テリー でもさ、ジモンさんが監督で焼肉屋の映画だって聞いてたから、バカバカしい映画なのかと思ったら、けっこう人情モノだったね。

寺門 そうですね。見終わったらまずは焼肉屋さんに行ってほしいんですけど、その次はお母さんとか家族の誰かに電話してくれればいいなと。そういうホンになってるので、ぜひ見てほしいです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」