芸能

ドラマ「共演NG」よりエグい芸能美女「禁断タブー」(2)田中みな実とマツコ・デラックスの因縁

 テレビ業界では共演していても実は‥‥という「隠れ共演NG」の組み合わせが少なくない。例えば、マスコミでもたびたび報じられ、その後、当人たちが「否定」したことで知られるのがフリーアナの田中みな実(33)とタレントのマツコ・デラックス(48)の関係である。

「2人の因縁は田中のTBSアナ時代に遡ります。ぶりっ子キャラで人気が出始めた田中に対し、マツコがケンカを売る、という構図がバラエティー番組でたびたび展開されました。が、それに田中が飽きて乗ってこなくなったと思ったら、しばらくして『イジメないで~』とにじり寄ってきた。これがマツコの逆鱗に触れたのです」(芸能記者)

 マツコ側が共演拒否とみられていたが、昨年9月25日放送のバラエティー番組「ホンマでっか!?TV」(フジ系)で、久しぶりに共演が実現することに。これで雪解けかと思われたのだが‥‥。

「収録が終わるとマツコはスタッフに『私が何かする必要はないでしょ』と突き放す感じでした。何を言ってもただの悪口になるので、あまり絡まなかったそうです」(芸能記者)

 嫌いである以前に、もはや相手にすることさえやめたようだ。

 人気ドラマ「コード・ブルー」(フジ系)で共演していたのに、「NG」な関係に陥ったのが、新垣結衣(32)と戸田恵梨香(32)だ。

 同作は08年に放送されると、10年、17年と新シリーズが続き、18年に映画化もされている。2人はなぜ不仲になったのか。芸能記者は「そもそも」と前置きして、こう切り出した。

「第1シリーズですでにピリピリムードで、戸田が新垣を敵視していました。食事の時間になると『一緒に食べたくない』と言ったり、撮影が終わるとスタッフに『なんで人気があるのかわからない』と愚痴を漏らしていたそうです。ただ、戸田にとって想定外だったのは、ドラマがシリーズ化されたこと。フジとの関係があるので、降板せずに出演を続けていました」

 主役の山下智久がジャニーズ事務所を辞めたことで続編の予定はなさそうで、戸田にとっては朗報となるか。

 現在、放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」でも、実は隠れ共演NGの不穏な空気が流れていた。

「ヒロインの駒役で出演する門脇麦(28)に対して、帰蝶役の沢尻エリカ(34)がライバル視していたんです。特に番手(台本の順番)が自分より先なのが気に入らなかったようで、門脇に挨拶されてもあからさまに無視したり、大勢のスタッフを引き連れて格上女優の雰囲気を見せつけ、スタッフの間で取り扱い注意になっていました」(ドラマ関係者)

 沢尻が不祥事を起こし、早々に降板したことでトラブルは起きなかったが、あのままクランクアップまで続けていたら、門脇から共演NGが出たかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
下半身をボロン!有村昆が夢中になった「女優Tの正体」にネットが熱視線