芸能

ドラマ「共演NG」よりエグい芸能美女「禁断タブー」(4)二階堂ふみが土屋太鳳に対抗意識

 同じ事務所でも、主役級の女優たちは共演NGの場合が意外と多いのも事実。同じ事務所に所属する女優の二階堂ふみ(26)と土屋太鳳(25)は年齢も近くキャラも正反対ながら、その典型例と言えよう。その理由を芸能プロ関係者はこう説明する。

「事務所の看板に成長した2人ですが、売り出し方は正反対。清純派で保守本流の土屋に対し、傍流の二階堂は映画で乳首ヌードもいとわず、評価を高めています。性格も水と油で、土屋はいつも穏やかで周囲のスタッフも笑みが絶えない。一方の二階堂はこだわりが強く、仕事内容は本人の意向を最大限に尊重。そんな土屋に二階堂が対抗意識を燃やし、NHK朝ドラ『まれ』(15年)の主役に起用されたのが気に入らなかったのか、放送中の朝ドラ『エール』でオーディションを受けてヒロイン役を勝ち取りました」

 過去にバラエティー番組で一緒になったことはあるが、ドラマでの共演は難しそう。

 米倉涼子もしかり。「オスカープロモーション」時代は、後輩の武井咲(26)と犬猿の仲にあった。

 そのきっかけは、17年に松本清張原作のスペシャルドラマ「黒革の手帖」(テレ朝系)の主演を武井が射止めたことにあるという。

「もともと『黒革の手帖』をはじめ、松本清張シリーズは米倉にとって出世作。その役を奪われたことで怒りの導火線に火がついてしまった。以前からプロデューサーや事務所の地位の高いスタッフに媚びを売り、マネージャーなどはアゴで使う武井の態度を嫌っていて、『あの女がいちばん強いよ』と皮肉交じりに批判していたそうです」(芸能プロ関係者)

 TBSの日曜劇場「半沢直樹」でブレイクした江口のりこ(40)は、あの大女優と距離を置いていた。

「17年前に泉ピン子(73)が主演を務める単発ドラマ『女子刑務所東三号棟』(TBS系)に端役で出演した際、緊張から1行のセリフが覚えられず、約1時間近くNGを連発。『てめぇ、いいかげんにしろ』とブチ切れられてしまった。この件は本人がバラエティー番組内で明かし、いまだに街で泉を見かけたら逃げるほど、トラウマとして記憶されているそうです」(芸能記者)

 現実の「共演NG」の世界はドラマよりもエグくて、とてもコメディータッチで描けそうにない‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
2
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
3
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
4
夏目三久 激怒報道から5年「有吉弘行との結婚」仰天内幕(3)夏目のあの騒動を有吉が笑いにしたことで…
5
吉岡里帆、「レンアイ漫画家」演技に「ゾワゾワする」「あのドラマの再来?」指摘!