芸能

NHK新朝ドラ「おちょやん」熟れごろ女優を味くらべ(1)篠原涼子の美ボディに杉咲花が興味津々

 新型コロナ感染拡大の影響で、約2カ月遅れで始まったNHK朝ドラ「おちょやん」。「大阪のお母さん」をモデルにしたヒロインに杉咲花が抜擢される中、脇を固める出演者には人気「艶熟れ頃女優」がそろい踏みだ。低視聴率発進を大人のフェロモンで吹き飛ばす、撮影の舞台裏をお届けする!

 茶屋や料亭などで働く「小さい女中さん」を意味する「おちょぼさん」。その言葉がなまった大阪弁がタイトルのNHK朝ドラ「おちょやん」が、11月30日にスタートした。

 ヒロインの竹井千代役に若手女優の杉咲花(23)が抜擢され、松竹新喜劇の女優で「大阪のお母さん」と親しまれた浪速千栄子(73年12月、66歳で没)をモデルに、明治末期から戦後の大阪で女優を目指し、成長していく姿が描かれていく。

 初回視聴率は関東地区で18.8%。初回放送で20%の大台割れは7作ぶりと厳しい船出になったが、杉咲が本格的に登場するのは3週目から。その杉咲は、早くから役作りを徹底し、気合い十分だという。

「撮影は4月2日にクランクインしたものの、新型コロナの影響によりわずか5日間でストップ。杉咲さんは昨年秋から毎週のように大阪に通って、古い『大阪ことば』や日舞の稽古に励んでいました。自粛期間中にも浪速千栄子さんのラジオの音源をNHKから借りて聞いたり、舞台のDVDを見てイメージトレーニングを強化。おうち時間も着物で過ごし、着崩れしないように注意しながら生活していたそうです」(NHK関係者)

 7月中旬からようやく撮影再開となったが、朝ドラヒロインの重責にガチガチな様子が目撃されている。

「道頓堀の芝居茶屋『岡安』で女中として働く場面で、『おはやうさんでございます』というセリフを何度もかんでしまい、スタッフにも緊張が伝わってきました」(NHK関係者)

 大阪ことばをマスターするため撮影の合間も使い続け、「岡安」の先代の女将役を務める宮田圭子(73)とよく雑談しながら練習していたという。そんな熱心な杉咲がもう一つ苦戦しているものがあった。NHK関係者が続ける。

「朝ドラにしては珍しく、アドリブの掛け合いが多いんです。杉咲さんは対応するのが苦手なようで、スベッて落ち込んでいました」

 笑いに厳しい今作の現場は、トータス松本や名倉潤など男性出演者が多いのも特徴。そんな中、若きヒロインを脇からもり立てているのが熟女優たちだ。

 まず、役柄と同様に杉咲を温かく見守り、現場で和ませているのは「岡安」を取りしきる女将役の篠原涼子(47)である。

「すぐに杉咲さんと打ち解けていました。2人とも笑い上戸なので、本番中に同時にこらえきれずNGを出すこともありました」(NHK関係者)

 意外にも篠原は朝ドラ初出演ということだが、ここでも和服姿の熟女フェロモンは健在だ。芸能プロ関係者が明かす。

「着物の上からもボリュームのある巨乳の膨らみと張りが明らか。男性スタッフは皆、クギづけになっていました。杉咲も『篠原ボディ』に興味津々のようで、篠原がふだんから体型維持のために取り入れているヨガのポーズを休憩中にレクチャーしてもらい、見よう見まねでポージングしています」

 熟女優の英才教育により、クランクアップまでに杉咲のフェロモンは倍増するか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
2
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
3
「ハコヅメ」戸田&永野に負けない魅力!西野七瀬の下半身に視聴者熱狂のワケ
4
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
5
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!