芸能

千原ジュニアも力説「爆笑問題の“悪”は田中!」無自覚の狂気とは

 千原ジュニアが12月8日深夜放送の「にけつッ!」(読売テレビ)に出演。「爆笑問題の“悪”は田中裕二」という自説を過去のエピソードとともに披露した。

 番組冒頭、共演のケンドーコバヤシが太田光とNHKの社屋で初めて絡んだ話を披露。それに対し、「太田さんはまっすぐな人やからな」と述べたジュニア。「こんなこというとあれやけど、爆笑問題の悪は田中裕二。善と悪が爆笑問題の中に存在するならば、悪は田中裕二が一手に担っていますから」と切り出した。

 ジュニアによると、かつて「笑っていいとも!」(フジテレビ系)に出演していた頃、当時小4ぐらいだった鈴木福に「お正月にフィンランドに行くって本当ですか?」と聞かれ、「行くよ」 と回答。鈴木に「お願いがあるんですけど」と言われ、おみやげでも頼まれるのかと思っていたら、「サンタさんに会ったらお礼を言っておいてください」と、かわいい言葉が。

 これには周囲にいた人たち全員がほっこり。ジュニアも「会うたら言うとくわな」と、大人の返答をすると、太田があまりにもほっこりし過ぎた空気を変えようと、「お前、芦田愛菜ちゃんと付き合ってんのか?」と言い放ったという。その発言に、みんなが「おい!」とツッコんで笑っていた中、田中は「何言ってるんだよ、こんなサンタクロースを信じている子に」と身も蓋もない忠告をしたのだとか。

 ジュニアは「最悪やろ?」と訴え、ケンコバも「怖いですね。無自覚の狂気が」と爆笑。ジュニアも「そういうとこやねん、あの人って」といい、「太田さんのはボケやん。悪を演じてんねん」と語った。

「そういえば今年5月、鬼越トマホークもラジオで『爆問さんの本当に悪い人は田中さん』と話していましたね。友近も18年、『太田上田』(中京テレビ)で太田より田中のほうが危ない印象があると明かし、ある番組で悲しいVTRが流れている中、猫好きの田中が、 たまたま画面に映ったネコに反応して『あ、ネコだ!』と言ってしまったエピソードを語っていました。口に出すことをためらう場面でも、空気を読まず素直に反応してしまう田中のヤバさは、鈴木福くんのエピソードと似ていますよね」(芸能ライター)

 ケンコバは「悪を悪と思っていない怖さ」とも表現していたが、そういうことなのだろう。(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
吉岡里帆、「裏で“こぼれそうだったバスト”」を封印報道に嘆きの声!
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
太川陽介の鉄道旅がぺこぱへ継承!田中要次・羽田圭介が迎える“危機”とは