芸能

千原ジュニアも力説「爆笑問題の“悪”は田中!」無自覚の狂気とは

 千原ジュニアが12月8日深夜放送の「にけつッ!」(読売テレビ)に出演。「爆笑問題の“悪”は田中裕二」という自説を過去のエピソードとともに披露した。

 番組冒頭、共演のケンドーコバヤシが太田光とNHKの社屋で初めて絡んだ話を披露。それに対し、「太田さんはまっすぐな人やからな」と述べたジュニア。「こんなこというとあれやけど、爆笑問題の悪は田中裕二。善と悪が爆笑問題の中に存在するならば、悪は田中裕二が一手に担っていますから」と切り出した。

 ジュニアによると、かつて「笑っていいとも!」(フジテレビ系)に出演していた頃、当時小4ぐらいだった鈴木福に「お正月にフィンランドに行くって本当ですか?」と聞かれ、「行くよ」 と回答。鈴木に「お願いがあるんですけど」と言われ、おみやげでも頼まれるのかと思っていたら、「サンタさんに会ったらお礼を言っておいてください」と、かわいい言葉が。

 これには周囲にいた人たち全員がほっこり。ジュニアも「会うたら言うとくわな」と、大人の返答をすると、太田があまりにもほっこりし過ぎた空気を変えようと、「お前、芦田愛菜ちゃんと付き合ってんのか?」と言い放ったという。その発言に、みんなが「おい!」とツッコんで笑っていた中、田中は「何言ってるんだよ、こんなサンタクロースを信じている子に」と身も蓋もない忠告をしたのだとか。

 ジュニアは「最悪やろ?」と訴え、ケンコバも「怖いですね。無自覚の狂気が」と爆笑。ジュニアも「そういうとこやねん、あの人って」といい、「太田さんのはボケやん。悪を演じてんねん」と語った。

「そういえば今年5月、鬼越トマホークもラジオで『爆問さんの本当に悪い人は田中さん』と話していましたね。友近も18年、『太田上田』(中京テレビ)で太田より田中のほうが危ない印象があると明かし、ある番組で悲しいVTRが流れている中、猫好きの田中が、 たまたま画面に映ったネコに反応して『あ、ネコだ!』と言ってしまったエピソードを語っていました。口に出すことをためらう場面でも、空気を読まず素直に反応してしまう田中のヤバさは、鈴木福くんのエピソードと似ていますよね」(芸能ライター)

 ケンコバは「悪を悪と思っていない怖さ」とも表現していたが、そういうことなのだろう。(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”