芸能

山口紗弥加、“アラフォー女性の生と性”ドラマで必見の美胸&美脚「放出場面」

 女優・山口紗弥加といえば、12月7日で最終回を迎えたドラマ「共演NG」(テレビ東京系)では大物俳優・遠山英二(中井貴一)の妻で元アイドルの雪菜をエキセントリックに熱演。放送中の「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」(テレ東系)では24歳で結婚し35歳で離婚した、現在38歳の恋愛経験値が低いがゆえにマッチングアプリの世界にハマッていくイラストレーター・チアキをコミカルに演じている。

 どちらのドラマも山口の女優としての技量を堪能できるが、見ないと損した気分になるのは、間違いなく後者の「38歳バツイチ─」のほうだろう。

 このドラマは松本千秋による同名コミックエッセイが原作で、マッチングアプリの現実とともにアラフォー女性の“生と性”がリアルに描かれている。その中でもっとも「見ないと損」をするのは、なんといってもドラマのエンディングロール。山口の中学時代の“リアル1学年先輩”である椎名林檎が「東京事変」名義で歌う「命の帳」をBGMに、美胸と美脚を露わに男性たちと戯れる山口の姿は妖艶という言葉がぴったりなのだ。

「ネット上でも『山口紗弥加のエンディングが不必要なほど艶』『キャミパン姿でカラダをくねらせる山口のヒップラインからの脚がたまらない』『山口紗弥加の大放出って感じ』など反響を呼んでいます」(女性誌記者)

 数々の男性たちと肌を重ねていくチアキを演じている山口。ベッドシーンを含むラブシーンはポップでコミカルに描かれているため、肌見せ度が高くても生々しさがなく、そこがまた女性にウケているようだ。

 このエンディングロールは見逃し厳禁だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】