芸能

「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」

「度肝を抜かれた」。月曜の昼休みにぼーっとテレビを見ていたサラリーマンや主婦層の目をくぎ付けにしたのが、永遠のアンチエイジング女優・由美かおるだった。

 5月20日、「徹子の部屋」(テレビ朝日系)のゲストだった由美は清楚な水玉風ジャケットを羽織って登場した。ところが、そのジャケット姿でMCの黒柳徹子の前に立った由美の腰から下は、目を疑うほど短い純白のタイトスカート。目を疑うという表現は失礼だが、それは由美が現在73歳だから。しかも、姿勢のいい佇まいから伸びるシミ1つない美脚がお世辞抜きに際立った現実に、視聴者が「度肝を抜かれた」というわけである。

 この日は「70代になる生活を一新した」というテーマで、黒柳に近況を伝えた由美。まるで体操選手のような見事なストレッチ写真なども交えながら、努力すれば70代になってもスタイルを保てることを話した。これには視聴者もいちいち納得していたようだが、由美が自身のスカート遍歴を話し始めると「ちょっと待って…」と視聴者が深呼吸する展開になってしまったという。

「由美は若かりし頃には当たり前だった短いスカートから、時代ととともに長いスカートが主流になっていったと語っていましたが、70代になってもう一度、短いスカートに挑戦してみようと考えたそうです。このコメントが視聴者を驚かせました。しかも由美は、おかげで『脚に注目してもらえるようになった』と喜んでいましたからね。番組を見ていた中高年サラリーマンは鼻の下を伸ばしたようですが、はっきり言って御年73歳の女性の発言とは思えません。由美よりも20年、30年も若い主婦層が『これ、ひざ上何センチ?』と一斉に呼吸を整えたくなるのもわかります(笑)」(芸能誌記者)

 全体的には少し細くなった印象を与えたこの日の由美だが、実年より20年は若く見える美貌は健在。しかも、ソファーに座ると膝上約15センチのスカートから露わになった美脚が、姿勢のいい細身ボディを際立たせていた。

「眼福」と言えばそれまでだが、色々とあきらめかけている世のオジサンやオバサンたちを「もう少し頑張ってみようかな」と、月曜の昼間から少し元気にさせてくれたことは間違いない。

(塚田ちひろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し