芸能

むっちり女優「M-1グランプリ」(4)上白石萌音はあのレジェンドの再来

 20年にブレイクを果たした女優も多士済々。中でも「恋は続くよいつまでも」(TBS系)で胸キュン女子たちの共感を呼んだ上白石萌音(22)は、むっちり度数が爆上がりの活躍を見せている。スポーツ紙デスクが解説する。

「7月にオリコンが発表した『上半期ブレイク女優ランキング』で1位を獲得するや、ゲスト出演した『未満警察ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)では、人身売買グループに拉致される家出少女を熱演。服を脱がされて、肩回りのむちむちぶりがあらわとなりました」

 新鋭のむっちり美女のビジュアルを見て、下関氏はレジェンドの再来だと豪語する。

「どこか、若かりし頃の宮崎美子を彷彿させます。上白石は色白ですが、顔の造形といい、むちむち加減といい、本当にそっくりです。上白石の出身地が鹿児島で宮崎が熊本と、同じ九州産。いつかレジェンド越えのビキニグラビアを拝みたいものです」

 上半期が上白石なら、下半期は「この恋あたためますか」(TBS系)で民放ドラマ初主演を果たした森七菜(19)だろう。昨年の大ヒットアニメ映画「天気の子」(コミックス・ウェーブ・フィルム)のヒロイン役で一気にスターダムを駆け上がった彼女は、懐事情のモノ寂しさからか、暴食が止まらない様子なのだ。

「映画やドラマに引っ張りだこですが、いまだに小遣い制で、月に3万円しかもらえないそうです。間食による出費を抑えるために、楽屋への差し入れとなる甘味ものは大喜びでバクバク食べてしまうとか。今回のドラマでもコンビニスイーツを開発する役柄なだけに、試作品をほおばる機会が多い。しかも、なんとかやりくりした小遣いで『ひとり焼肉』に行ってしまう始末です」(スポーツ紙デスク)

 老婆心ながら、むちむちが過ぎて決壊しないかどうか気がかりだが‥‥。

「心配ご無用です。いい女優さんは作品によって見た目の印象が変わるものです。朝ドラの『エール』(NHK)出演時には時代背景に合わせてかなり痩せていましたが、同時期に放映されていた『オロナミンC』のCMでは10代の女の子らしい香り立つようなむっちりぶりを見せていました。今回も、役柄に合わせて爆食いしているのでしょう」(下関氏)

 最後に、今年ブレイクしたむっちり美女の共通点を挙げ、分析結果を報告したうえで、尾谷氏が初代チャンピオンを発表する。

「皆さん、プクッとしたほっぺの持ち主なんです。やはり売れっ子になった伊藤沙莉(26)や上白石萌歌(20)なども、何日か寝かせて酵母を増殖させたパン生地のような柔らかそうな肌感をしています。今回はモチモチのほっぺに加え、揉みがいのありそうなバストを持つ土屋太鳳を、私の独断でグランプリに選出させていただきます」

 むっちりがテレビ界を占拠する日も、そう遠くないだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史