芸能

ミキ昴生、フワちゃんの“ゼロ距離スキンシップ”に「陥落」していた!?

 兄弟お笑いコンビ「ミキ」の兄でツッコミ担当の昴生が、苦手にしていたフワちゃんとすっかり仲良くなったという。フワちゃんが12月14日、ツイッターで〈ミキの昴生さいしょフワちゃんのこと苦手だったのに最近はすごく好きなんだってわら〉と明かしたのだが、このツイートには2人が肩を組みながら、おたがいのスマホを近づける写真が添えられており、どうやらLINEを交換していたようだ。

「あけっぴろげな性格で知られるフワちゃんは男女を問わずに距離を詰めるのが得意で、誰にでもガンガンとゼロ距離でスキンシップするタイプ。一方の昴生は9年の交際期間を経て2018年に結婚した妻がいるものの、学生のころから非モテキャラで、女性と接した経験は少なめです。こういった男性は往々にして、フワちゃんのような馴れ馴れしいタイプは苦手なもの。それゆえ2人が知り合った当初、『フワちゃんのこと苦手だった』というのは本当でしょうね」(芸能ライター)

 一方で昴生は、モデルでタレントのめるること生見愛瑠とLINEを交換していたという。10月6日放送の「この差って何ですか?」(TBS系)では、めるるが昴生からしつこく食事に誘われていると告白。深夜にもメッセージが送られてくるLINEハラスメントに悩まされていたようだ。

「そんな昴生がこれまでフワちゃんのLINEを知らなかったのは、食事に誘う気がなかったからかもしれません。それでも《実はけっこう美人》《意外に胸がデカい》と話題のフワちゃんに“ゼロ距離”で密着され続けられたら、昴生ならずとも好意を抱くのは当然。今回LINEを交換したことで、今度はフワちゃんに対してLINEハラスメントをしでかさないかと心配になりますね」(前出・芸能ライター)

 もっともフワちゃんならLINEハラスメントを受けても、ガンガン言い返してしまいそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?