芸能

年越し事件ファイル「全員、OUT!」(4)有働由美子「うどうのらじお」で下ネタ仰天告白

 最後はアラフィフ女子アナの、すべらない話で締めよう。「news zero」(日本テレビ系)が好調な有働由美子(51)は、昨年7月にスタートした「うどうのらじお」(ニッポン放送)では、ラジオパーソナリティーとして話題に花を咲かせている。12月18日のオープニングトークでは、昼下がりとは思えない下ネタを炸裂させてしまった。

 NHKに入局したばかりの91年、新人アナ時代の清貧エピソードに話が及んだ際のことだ。

「当時は練馬区のアパートに住んでおりまして、手取りは17万5000円。月末になると、いつも飲み会に参加する費用に苦心しておりました」

 なんでも、親からの「食事代は奢られるな」という教えを守り、自力で飲み代を捻出していたのだとか。

「ですから飲み会前には、近所で売っていた大根の切れ端を50円で買い、汁物にしていたんです。飲み会に行くためにガマンしていたので、その汁のことを『ガマン汁』と呼んでおりまして、月末になると朝昼晩とガマン汁。友達からの飲み会の誘いには、『大丈夫、大丈夫、ガマン汁でしのぐから』と平気で話していたんです。言葉の意味を知らないというのは怖いことだなと」

 全裸監督なら「ナイスですね~」と大いに称賛するところである。テレビ局関係者が、有働の私生活を明かす。

「見た目には男前ですが、実際は乙女そのもの。男性から言い寄られることも数多く、NHK時代から数年周期で複数の男性と交際を繰り返している。それでもゴールインに至らないのは、仕事との両立ができなかったことが原因でしょうね。ただ、これまでに50回以上お見合いをしているように、結婚願望はかなり強い。まだまだ本人はあきらめていないと思いますよ」

 しかし、当の本人は翌週25日の放送でクリスマスの思い出について、自虐ネタを披露。

「女子だけが我が家に来てクリスマスをやっていて、それが毎年、写真に撮って置いてあるんです」

 男っ気zero~。「私生活OUT!」な有働を救う白馬の王子が現れることを望みたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」