スポーツ

「続々登場」プロ野球OBユーチューバー、各部門“タイトルホルダー”の顔ぶれ!

 去る12月12日に元プロ野球選手の清原和博氏が公式YouTubeチャンネル「清ちゃんスポーツ」を開設。約1カ月で6本の動画を投稿、登録者数は20万人超えで100万回再生を突破した動画もある。

 ITライターが言う。

「仕掛け人は清原氏とも親しい石橋貴明のYouTubeも手掛けるテレビディレクターのマッコイ斎藤氏です。石橋のYouTube転身成功で、支持層が40~50代男性という点で石橋と重なる清原氏もYouTubeとの親和性が高いと見たのでしょう。実際、まだ始まったばかりですが、非常に好調な数字を叩き出しています」

 このように、球界OBがユーチューバーに転身し活躍している例は少なくなく、清原氏は本人の野球人生同様、スタートダッシュを決めたプロ野球ユーチューバー界の「新人王」タイトル戴冠といえる状況だ。では、他にはどんな“タイトルホルダー”がいるのか。以下、前出のITライターに解説してもらいつつ、その顔ぶれを見て行こう。

「登録者数や再生数で一歩先んじているのが元ロッテの里崎智也氏です。現役選手の実名を挙げトレードを促すなど歯に衣着せぬ評論で球界をズバズバ斬るスタイルで、ネットとの相性もいい。ユーチューバーとしては間違いなく『MVP』級の活躍です」

 一方、「最多安打」のタイトルを手にしたのは、元日ハム・阪神の片岡篤史氏である。

「少なくとも週に4、5本と、とにかく更新頻度が高い。プロを何人も輩出したPL学園の出身とあって、立浪和義氏、宮本慎也氏のような豪華ゲストも好評。別々の放送回ですが、清原氏と桑田真澄氏のKKコンビが登場した動画は200万回以上の再生数です」

 現役中は中距離打者のイメージが強いが、引退後はなかなかの特大ホームランアーチストでもあるのだ。

 お次は「岡山のダルビッシュ」こと元日ハムドラフト4位のダースロマーシュ匡氏。引退後は同僚だったMLB・シカゴカブスのダルビッシュ有の記念館館長などを務めていたが、ユーチューバーとしても活動開始。

「プロとしての実績が皆無なだけに再生数は伸び悩んでいますが、動画テーマは多種多彩。タイトルを並べてみても、『ツイッターでナンパしたニューハーフの方とラーメン食べてきた』『妻にラッパーになると言ったらAirPods買ってくれるか交渉』『【ダルビッシュ】さんから大量の肉届いた!』と守備範囲はかなり広い。『ゴールデングラブ賞』を差し上げたい」

 引退後のタイトル初受賞となった。最後に現役だが、前述のダルビッシュについても触れてもらうと、

「野球関連の話題を取り扱う公式チャンネルと、スマホのプロ野球ゲームに特化したゲーム実況動画チャンネルの2つを並行して解説。最近ではむしろゲームチャンネルのほうに力を入れており、その実力はゲームユーザーから『野球以上だ』という声も出るほど(笑)」

 後輩の大谷翔平ではないが、YouTube界で「二刀流」の名をほしいままにしているのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
4
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?