芸能

「強制削除で再投稿」艶系女優、Jバスト激揺れモザイク動画に”むしろ艶”の声

 YouTubeでよく聞かれる言葉「BAN」。「禁止する」という意味であり、バストの先端を映す動画を投稿すると、男女問わず削除されてしまうことから、上半身ハダカがウリのお笑いタレント・江頭2:50もYouTubeでの動画投稿時には、バスト左右の先端部分に「N」「G」と記されたテープを貼って隠している。

 そんな中、上下セパレートタイプの水着姿で「生クリームからバターを作ってみた」といった動画をある艶系女優が投稿したところ、削除されてしまったそうで、水着部分にモザイクをかけて再投稿したところ、「むしろ艶過ぎる」といった視聴者のコメントが相次いだ。

 その艶系女優とは、Jカップの圧巻バストの持ち主、三島奈津子であり、彼女のYouTubeチャンネル〈みしまチャンネル〉、1月16日に〈【復活】生クリームからバターをつくってみたら後悔しかなかった※モザイク有※〉とタイトルされた投稿回を観てみると、たわわなバストを揺らしながら、白い生クリームが入ったペットボトルを三島がひたすら振り続けると言った内容で、再度「BAN」されないよう、バスト部分にモザイク多めの動画ながら、それでも肌見せ度高めであることが視認でき、時折見せる深い胸の渓谷も艶っぽいものだった。

 視聴者から、モザイクが入ってむしろ艶っぽくなったといったコメントが相次ぐ中、“モザイクかけるならマッパでよかったのに”といった意味の内容のケシカランコメントや、「ピンクの輪がチラついてたのかな!?」と、実はバストの先端部分が映っていたのでは?…いった憶測コメントまで見受けられたのだった。

 胸の渓谷だけで「BAN」されたのなら、破壊力抜群な渓谷だったと言える。さらにその過激な揺れ具合、もしくは「ハア、ハア…」と息を切らせながらペットボトルを振り続けたことも影響したことも影響していたのかどうか。読者諸兄の見解やいかに?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」