芸能

「強制削除で再投稿」艶系女優、Jバスト激揺れモザイク動画に”むしろ艶”の声

 YouTubeでよく聞かれる言葉「BAN」。「禁止する」という意味であり、バストの先端を映す動画を投稿すると、男女問わず削除されてしまうことから、上半身ハダカがウリのお笑いタレント・江頭2:50もYouTubeでの動画投稿時には、バスト左右の先端部分に「N」「G」と記されたテープを貼って隠している。

 そんな中、上下セパレートタイプの水着姿で「生クリームからバターを作ってみた」といった動画をある艶系女優が投稿したところ、削除されてしまったそうで、水着部分にモザイクをかけて再投稿したところ、「むしろ艶過ぎる」といった視聴者のコメントが相次いだ。

 その艶系女優とは、Jカップの圧巻バストの持ち主、三島奈津子であり、彼女のYouTubeチャンネル〈みしまチャンネル〉、1月16日に〈【復活】生クリームからバターをつくってみたら後悔しかなかった※モザイク有※〉とタイトルされた投稿回を観てみると、たわわなバストを揺らしながら、白い生クリームが入ったペットボトルを三島がひたすら振り続けると言った内容で、再度「BAN」されないよう、バスト部分にモザイク多めの動画ながら、それでも肌見せ度高めであることが視認でき、時折見せる深い胸の渓谷も艶っぽいものだった。

 視聴者から、モザイクが入ってむしろ艶っぽくなったといったコメントが相次ぐ中、“モザイクかけるならマッパでよかったのに”といった意味の内容のケシカランコメントや、「ピンクの輪がチラついてたのかな!?」と、実はバストの先端部分が映っていたのでは?…いった憶測コメントまで見受けられたのだった。

 胸の渓谷だけで「BAN」されたのなら、破壊力抜群な渓谷だったと言える。さらにその過激な揺れ具合、もしくは「ハア、ハア…」と息を切らせながらペットボトルを振り続けたことも影響したことも影響していたのかどうか。読者諸兄の見解やいかに?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
4
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?