スポーツ

「まるで親子」96年巨人、長嶋監督と松井秀喜“親密関係”を球界OBが動画放談!

 1996年、セ・リーグを制覇した巨人を振り返ってみる。この年、初の開幕4番を飾った松井秀喜氏。途中、落合博満氏に4番を譲ることはあったが、7月、8月と2カ月連続で月間MVP受賞。さらにはセ・リーグMVPに輝き、逆転優勝に大きく貢献した。タイトルにこそ届かなかったが、当時22歳だった松井氏の38本塁打は王貞治氏に並ぶ年齢別最多本塁打記録であり、優勝できたのも松井氏のお陰だと当時の長嶋茂雄監督は語っている。

 95年に広島東洋カープから巨人に移籍した元プロ野球選手の左腕、川口和久氏が、元プロ野球選手の石毛宏典氏のYouTubeチャンネル〈石毛宏典サブチャンネル〉に出演。2月20日に〈松井秀喜は本当に特別だった【川口和久】〉とタイトルした投稿回で、長嶋監督と松井氏の親密な関係性を語り合っている。

 巨人は96年オフ、落合氏の退団とともに、清原和博氏の西武ライオンズからの移籍を発表。当時の新聞報道では、松井氏と清原氏の4番争いを刺激するような発言を長嶋監督がしていたと石毛氏は振り返る。その石毛氏は96年を最後に引退、評論家の立場でそのことをキャンプ時の松井氏に「ちょっと意地悪な質問するけど…」と直接訊ねたところ、「ああ、大丈夫です。それはミスターのリップサービスですから」と返したのだとか。

 まだ若かった松井氏に「この子の感覚ってすごいなと思って。気にしてません、私が巨人の4番を張ります、清原さんには負けませんという“自信”なんだよね」と、当時の心境がよみがえったように感心してみせた石毛氏。

 これを受けた川口氏は「ミスターと松井は親子ぐらいの感覚。キャンプでも夜ずっと松井のスイング見てました」と当時を振り返ったのだった。

 92年のドラフト会議で松井氏を引き当てたミスターの不敵とも思える笑みは今も記憶に新しいところ。懐かしさがよみがえる興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ