芸能

のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象

 女優の「のん」が、3月1日から始まった春の火災予防運動に合わせ東京消防庁の1日署長に就任した。

 のんは東京・墨田区の本所防災館で消火器を使った防災訓練を体験。大型スクリーンに火災が映し出されると「火事だ!」と声を上げ消火器を噴射。「訓練すると心構えができるから、とても大切です。いつ起こるか分からない地震や火災の備えをして街を守りましょう」と呼びかけた。

 のんが消火器を持って消火液を噴射させるニュース映像がニュースに流れると、ネット上では「のん久しぶりに見たけどやっぱり可愛いな。でもなんだかコスチューム着てるみたいでイヤラしい目で見ちゃう」「のんが白い液体を飛ばしてる! めちゃいい感じだな」「のんちゃんの制服の胸の膨らみ最高だね。一生懸命液体を飛ばしてる姿も最高です。地上波に復帰してほしいけどもう無理なんだろうなぁ」などといった声が寄せられている。

「NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で主演を務め、一躍、日本中の人気を集めた彼女ですが、その後、事務所からの独立騒動が発覚。表舞台から追われ、芸名も能年玲奈から改名することになりました。昨年は6年ぶりに映画復帰するなど徐々に活動の場を広げているものの、地上波ドラマにはいまだに出られないなど、いまだ完全復帰には至っていません。通常、一日署長は若手タレントが担当することが多く、のんにとっては不本意な仕事かもしれませんが、裏を返せばそれぐらいしか話題になる仕事がないということでしょう」(芸能記者)

 男性ファンからは、すっかり下ネタ扱いされてしまったのん。このあたりで大胆グラビアでも披露すれば、一気に話題になると思うのだが…。(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
鬼束ちひろ、逮捕で注目された「“豊かなバスト見え”誕生日会の動画」に称賛!