芸能

映画・ドラマ「伝説のヤンキー女王決定戦」(終)前田敦子が「マジすか」で魅せた“憑依型”演技

 AKB48総出演でヤンキー女子高生を展開した「マジすか学園」(10年、テレビ東京系)は、好評につき続編も作られた。お笑い芸人のユリオカ超特Q氏も楽しみに観ていたという。

「主演の前田敦子は、ふだんは物静かなのに、突如として武闘派になる憑依型の演技を見せていましたね。さらに大島優子は、身体能力の高さを発揮してアクションシーンで見せ場を作った。実際のヤンキーレスラー・世IV虎は、このドラマの大島を見てレスラーになることを決意したそうです。さらに篠田麻里子も、いかにも姉貴分的な女帝ぶりを表現していました」

 社会現象となった「あまちゃん」(13年、NHK)では、準主演の橋本愛が、アイドル志望から突如として地元ヤンキーに変貌する「じぇじぇじぇ」な一幕があった。

「ああいうキツめな美形なので、ヤンキー役はぴったりでしたね。ジャージにサンダル、前髪をゴムで縛っている姿もドはまりでしたね。さらに、元ヤンという設定の小泉今日子が、ナポリタンを作って差し出す時に『食いな、アバズレの食い物だよ』って、偏見だらけのセリフを(笑)。脚本の宮藤官九郎は、ヤンキー文化への憧れがあるのか『池袋ウエストゲートパーク』(00年、TBS系)など傑作が多いですね」(前出・ユリオカ氏)

 さらに橋本環奈が「今日から俺は!!」(18年、日本テレビ系)で、桜井日奈子がリメイク版の「ヤヌスの鏡」(19年、FOD)で嬉々として演じるなど、ヤンキー魂は永久に不滅である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
3
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
4
松本人志が「バス旅番組」にモノ申す!「蛭子・太川を越えられない」で変わる勢力図
5
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線