芸能

映画・ドラマ「伝説のヤンキー女王決定戦」(終)前田敦子が「マジすか」で魅せた“憑依型”演技

 AKB48総出演でヤンキー女子高生を展開した「マジすか学園」(10年、テレビ東京系)は、好評につき続編も作られた。お笑い芸人のユリオカ超特Q氏も楽しみに観ていたという。

「主演の前田敦子は、ふだんは物静かなのに、突如として武闘派になる憑依型の演技を見せていましたね。さらに大島優子は、身体能力の高さを発揮してアクションシーンで見せ場を作った。実際のヤンキーレスラー・世IV虎は、このドラマの大島を見てレスラーになることを決意したそうです。さらに篠田麻里子も、いかにも姉貴分的な女帝ぶりを表現していました」

 社会現象となった「あまちゃん」(13年、NHK)では、準主演の橋本愛が、アイドル志望から突如として地元ヤンキーに変貌する「じぇじぇじぇ」な一幕があった。

「ああいうキツめな美形なので、ヤンキー役はぴったりでしたね。ジャージにサンダル、前髪をゴムで縛っている姿もドはまりでしたね。さらに、元ヤンという設定の小泉今日子が、ナポリタンを作って差し出す時に『食いな、アバズレの食い物だよ』って、偏見だらけのセリフを(笑)。脚本の宮藤官九郎は、ヤンキー文化への憧れがあるのか『池袋ウエストゲートパーク』(00年、TBS系)など傑作が多いですね」(前出・ユリオカ氏)

 さらに橋本環奈が「今日から俺は!!」(18年、日本テレビ系)で、桜井日奈子がリメイク版の「ヤヌスの鏡」(19年、FOD)で嬉々として演じるなど、ヤンキー魂は永久に不滅である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
2
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
3
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
4
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
5
「練習すると風が止む」武田修宏のモテすぎ伝説「広瀬すずの叔母と交際していた」