芸能

黄金の“70年代アイドル”を総直撃<麻丘めぐみ>筒美京平門下の南沙織、浅田美代子と今も親友

 昨年亡くなった作曲家・筒美京平は、日本の歌謡史に巨大な功績を残した。72年に「芽ばえ」でデビューした麻丘めぐみ(65)も、優秀な教え子のひとりだ。

──4月17日・18日には、東京国際フォーラムで「筒美京平の世界inコンサート」が開催されました。

麻丘 豪華な顔ぶれでしたね。郷ひろみさんと同じステージで歌うのは何十年ぶりだろうか、と感慨深いものがありました。

──戦後最大のヒットメーカーゆえ、野口五郎、岩崎宏美、ジュディ・オングなどが大ヒット曲を披露。

麻丘 親友の浅田美代子ちゃんも、それこそ40年振り以上にステージで歌ったと思います。ずっと「どうしよう、どうしよう」と言ってたのが印象的で。

──デビュー曲の「芽ばえ」も、大ヒット曲の「わたしの彼は左きき」(73年)も筒美作品ですね。

麻丘 デビュー曲を作っていただいた時、ディレクターから「キーを半音下げたほうが‥‥」と不安がられたんです。でも筒美先生にきっぱり「あなたは中音域から高音域への鼻にかかった声に哀愁があっていい」と言っていただいて。本当に歌手それぞれの声質を見抜いて、生かしていただいたんだと思います。

──今や一般的な用語になった「ムズキュンな声」の元祖だったように思います。72年は日本レコード大賞の最優秀新人賞、翌73年には「わたしの彼は左きき」で大衆賞を受賞しました。

麻丘 全国の左ききの方々に感謝されまして。ヒット記念パーティーでは、巨人軍の王貞治選手(当時)にも駆けつけていただいて、びっくりしました。縁もゆかりもない雲の上の人でしたから。

──それだけ、歌が社会現象を巻き起こした証明です。

麻丘 そうだったんですかね。私がアイドルとして活動したのは、ほんの3年くらいです。当時は月曜から土曜まで生放送の歌番組があって、それが終われば地方に行ってコンサート。月曜の朝に帰ってきては、レコーディングなどもこなして。週末は空港から会場、ホテルの繰り返しですから、どこかしら記憶に残らない感覚もありましたね。

──観光旅行ではないですものね。

麻丘 浅田美代子ちゃんも、南沙織さんも、同じような生活を過ごしてきて。だから結婚して、いったん引退したのが早かったんだと思います。

──名前が出たおふたりとは、ずっと親友の間柄でいらっしゃるとか。

麻丘 そうですね。私が2人のスケジュールを仕切って(笑)、おいしいものを食べに行ったりしますね。シンシアは私のステージも必ず来てくれて、「ここがいい」とかアドバイスをくれるのでありがたいです。

──いずれもレコ大の新人賞に輝いた3人が、今も交流があるのは奇跡的です。

麻丘 ただ、昨年からのコロナ禍で、そろって顔を合わせることは、今は難しいですね‥‥。筒美先生のコンサートも、出演者全員が抗原検査を受けた上での参加でしたから。私も昨年は29年ぶりに新曲を出したんですけど、その矢先のコロナ禍でツアーなど全て吹っ飛んでしまいました。

──一刻も早く世の中が収まって、歌えるといいですね。

麻丘 そう思います。いかに「昭和歌謡」というものに需要があるかを肌で感じます。私が65歳になっても、歌えば「めぐみちゃん!」と喜んでくれる人たちがいるので、声が出るうちは全国に歌を届けたいです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
4
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”