スポーツ

イチロー、鈴木一朗からの改名でアノ元同僚が“意外な役割”果たしていた!?

 日本が誇る世界のメジャーリーガーだったイチロー氏。現在はシアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めている彼が、ドラフト4位でオリックスに入団したのは1991年のことだった。92年は24安打、93年は12安打と伸び悩んだが、94年にはその才能が開花。210安打、打率「.385」で最多安打と首位打者のタイトル獲得した。そしてこの年に「鈴木一朗」から「イチロー」に改名しており、まさに「イチロー元年」となる年だった。

 ところで、この改名は、当時の故・仰木彬監督のアイデアによるものと思われている方が多いかもしれないが、命名者は実は別の人物だったという。プロ通算2038安打で名球会入りした元プロ野球選手・新井宏昌氏がその人で、仰木監督に請われて、94年にオリックスの1軍打撃コーチに就任した際のことだった。

 日本プロ野球名球会が運営する公式のYouTubeチャンネル〈日本プロ野球名球会チャンネル〉に新井氏が出演。4月25日に〈【世界のイチロー】イチロー打撃の師・新井宏昌が語る。イチローとパンチ佐藤の改名真相!!<日本プロ野球名球会>〉とのタイトルで投稿された回で「素晴らしい選手には目立ってほしい。(イチローは)絶対スーパースターになると感じたので」と、当時を振り返る新井氏。鈴木姓がありふれていること、また当時の神戸の球場は「イチロー、スズキ!」と名前から先にコールすることから、誰も鈴木とは呼ばず、それゆえの「イチロー改名」のアイデアに至ったと明かしている。

 余談だが、この番組でMCを務めたパンチ佐藤氏は、89年ドラフト1位でオリックスに入団した元プロ野球選手。イチロー氏同様94年に、仰木監督のアイデアで「佐藤和弘」から「パンチ」に改名したが、これはイチロー氏に改名を納得させるための「いい風よけだった」と佐藤氏が冗談めかして口にしている。佐藤氏は、世界のイチローの意外な面での立役者の一人だったといえそうだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子、「“大人の夜の玩具”使用疑惑」でSNSに“下世話コメ”殺到の地獄絵図!
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判