芸能

広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?

 5月12日の「東スポWeb」が、嵐・櫻井翔と広瀬すずがW主演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の裏側を報じた。同ドラマは、映画化が予定されているものの、暗雲が垂れ込めているという。

「『ネメシス』は、初回視聴率11.4%でスタートしたものの、2話で9.5%の1ケタ台に。その後も1度も数字を上げることなく、9日放送の5話では7.8%にまで落ち込んでいます。今回の『東スポ』によれば、本作はドラマ終了後に映画へつながるという形を取っているそうですが、視聴率が大苦戦していることで、関係者から“映画の大コケ”を予想する声があがっているそう。そのため最悪の場合、撮り直しも検討しているのだとか」(テレビ誌記者)

 そんな「ネメシス」の苦戦に、一部広瀬ファンの間では「大コケして黒歴史になったらどうしよう」といった心配の声も飛び交っている。だが、それ以上に今、注目を集めているのが彼女のバストに関する問題だという。

「5月12日発売のファッション誌『ar』の『私のカラダを好きになりたい』という特集に、広瀬が登場しています。その中で理想のバストについて聞かれると、広瀬は『洋服が似合う胸が好き。胸が立体的になるのはあまり好きじゃなくて』と答えているんです。広瀬といえば、『ネメシス』でボディラインの目立たないダボダボな衣装ばかり着ているため、一部視聴者から残念がる声があがっていました。そんな中で、バストアピールを避けるかのような発言を広瀬がしたため、ファンからは『「ネメシス」以外でも、バストラインの目立つ服が激減するのでは?』などと、心配する声があがっています」(前出・テレビ誌記者)

 健康的なボディで多くのファンを魅了してきた広瀬。はたして今後、ラインのわかる服装が減ってしまうのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
4
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
5
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」