スポーツ

松井秀喜は1年目から居並ぶ巨人4番を超えていた!?長嶋一茂が動画で証言

 巨人で活躍し、後に海を渡りメジャーリーガーとなった元プロ野球選手・松井秀喜氏といえば、ホームランに象徴されるバッティングの飛距離の印象が強烈だった。巨人在籍時には本塁打王のタイトルを獲ること3度。93年のルーキーイヤーから2ケタの11本塁打を放っており、「ゴジラ」の愛称通りケタ違いの実力だった。

 93年にヤクルトから巨人に移籍した元プロ野球選手で、現在はタレントの長嶋一茂氏が、同じく元プロ野球選手・高木豊氏のYouTubeチャンネル〈高木豊Takagi Yutaka〉に出演。松井氏入団早々の宮崎県でのキャンプを振り返り、フリーのバッティング練習において衝撃の飛距離だったことを明かしている。

 4月28日付けで〈【江川さんにあこがれた…】衝撃を受けた巨人時代について語ります!〉と題し公開した投稿回でのことだが、春先の宮崎の球場はライト方向からホームに向かって海風が吹くそうで、左バッターにとっては逆風になるという。一茂氏によれば、そのことから、「駒田さんとか吉村さんもホームラン出ないんですよ」とのこと。「満塁男」の異名も取った駒田徳広氏は52代目、吉村禎章氏は53代目の巨人の4番バッターである。

 ところが、「松井はマスコットバットでドンって打ったら、そのまま向こうのネットにドカーンって突き刺すんですよ。高校生で、普通じゃねえなと…」と一茂氏は身振り手振りで松井氏の規格外の凄さを表したのだった。

 松井氏は後に、62代4番バッターの座に就いている。かつては長嶋茂雄氏、王貞治氏、原辰徳氏らが、そして現在は岡本和真が担っている巨人の4番。誰が最強の4番バッターだったのかと思考を巡らせてしまう興味深い回でもあった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
3
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
4
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
5
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像