スポーツ

松井秀喜は1年目から居並ぶ巨人4番を超えていた!?長嶋一茂が動画で証言

 巨人で活躍し、後に海を渡りメジャーリーガーとなった元プロ野球選手・松井秀喜氏といえば、ホームランに象徴されるバッティングの飛距離の印象が強烈だった。巨人在籍時には本塁打王のタイトルを獲ること3度。93年のルーキーイヤーから2ケタの11本塁打を放っており、「ゴジラ」の愛称通りケタ違いの実力だった。

 93年にヤクルトから巨人に移籍した元プロ野球選手で、現在はタレントの長嶋一茂氏が、同じく元プロ野球選手・高木豊氏のYouTubeチャンネル〈高木豊Takagi Yutaka〉に出演。松井氏入団早々の宮崎県でのキャンプを振り返り、フリーのバッティング練習において衝撃の飛距離だったことを明かしている。

 4月28日付けで〈【江川さんにあこがれた…】衝撃を受けた巨人時代について語ります!〉と題し公開した投稿回でのことだが、春先の宮崎の球場はライト方向からホームに向かって海風が吹くそうで、左バッターにとっては逆風になるという。一茂氏によれば、そのことから、「駒田さんとか吉村さんもホームラン出ないんですよ」とのこと。「満塁男」の異名も取った駒田徳広氏は52代目、吉村禎章氏は53代目の巨人の4番バッターである。

 ところが、「松井はマスコットバットでドンって打ったら、そのまま向こうのネットにドカーンって突き刺すんですよ。高校生で、普通じゃねえなと…」と一茂氏は身振り手振りで松井氏の規格外の凄さを表したのだった。

 松井氏は後に、62代4番バッターの座に就いている。かつては長嶋茂雄氏、王貞治氏、原辰徳氏らが、そして現在は岡本和真が担っている巨人の4番。誰が最強の4番バッターだったのかと思考を巡らせてしまう興味深い回でもあった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」